2013年8月10日土曜日

ダイエット中

自社サイトを運営して約3年が経ちました。

毎日Google Analyticsでアクセス状況を解析してますが、最近はデイリー、ウィークリーで見ることが多く、長くてもマンスリーレポートで月間アクセス総数をチェックするのみ。長期に渡る動向のチェックを怠ってました。

サイトを今一度見直すために年単位でのアクセス状況をチェックしてみたところ、トップページに不要な情報が沢山掲載されている事に気付きました。

アクセスが多いのは賃貸・売買共にガレージハウスとバイクガレージハウス。それにビルトインガレージ付住宅やシャッターガレージ付住宅が続きます。

店舗付住宅も多いですね。

事業を始めて最初にご契約頂いたお客様が仰った言葉を思い出しました。

「とても良い切り口ですね。でも、もっともっと特化した方が良いと思いますよ。」

愛車を守るという観点でマンション1階が駐車場になってる物件やタワーパーキング付きマンションも取り扱おう、車好きなら2台駐車できる物件も探すだろう、戸建とマンションを分けた方が判り易いだろうと勝手な思い込みでカテゴリー分類してアイコンを沢山作ってみたものの、それらのアクセスは予想以上に少ない事が判明しました。

事実、そんな物件の成約率は極めて少なく、真っ当な「ガレージ」関連の物件の媒介が圧倒的に多いのです。

駅前の一等地に店を構えるでもなく、膨大な情報量を集め多店舗展開できる訳でも無い当社の様な小さな不動産会社は特定の分野に極めて強く無ければその存在意義がありません。

それは例えば2駅間の極々狭い地域の情報量なら絶対にどこにも負けないとか、市内のオフィス物件なら任せとけとか切り口は様々ですが、これと決めたら他は一切手を付けない潔さが必要なんですね。

今やインターネットで不動産を探すのが当たり前の時代。ウェブ上には数千という物件がアップされています。

お客様は何を求めてわざわざ当社の様な会社にコンタクトを取ってくるのか。少し考えたら簡単に判る事なんですが、掲載物件数が少ないとお客様が不安になるんじゃないかと余計な心配をし過ぎていた様に思います。

そこで、余分な情報はそぎ落とし、お客様が真に欲している情報に直ぐに辿りつけるようにリニューアルを図ります。

何をやるかでは無く、何をやらないかを決めること。

もう決めたので後は物件の動きが少ないお盆の期間中に実行あるのみ。

0 件のコメント:

コメントを投稿