2013年5月1日水曜日

クレーム

世間はGW真っ只中。

有休と組み合わせて10連休を取られてリフレッシュされてる方もいらっしゃることでしょう。

そんな世間とは裏腹に当社は営業中。

GWのさなかに部屋探しされる方は少ないと思われますし鍵を預かってる管理会社も休みに入ってるところが多いため実際に物件をご案内する事は少ないものの、ご依頼頂いている物件探しや撮影、ウェブサイトへのアップロード等々の事務処理が溜まっているため粛々と業務をこなしております。

そんな折、お客様よりクレームの電話を頂き現地に赴きました。

賃貸の戸建物件の排水が溢れ、室内が水浸しになったとの事。

排水升に異物が溜まって汚水を受けるキャパシティが少なくなってたところに洗濯排水が一気に流れ込んだのが直接的な原因でしたが、物件を引き渡す前のクリーニングの際に業者が排水升の掃除を怠った事に起因する人的な事故だったことが判明。

管理会社とクリーニング業者間の連絡が上手く取れていなかった様です。

当社は仲介業者の立場で関わらせて頂いたので、契約成立後、鍵を引き渡すところまでが責任範囲となり、ご入居後は管理会社がご退去までの種々の対応を行なうことになります。

従って、ご入居後のクレームは原則管理会社が受けるべきところなのですが、お客様としてはそんな事情は知ったこっちゃないですよね。

私もこの業界に入る前ならこれまでやり取りして来た業者に連絡することでしょう。

折しも管理会社はGW休業中。。。

とは言え、仲介した以上当方も関係者ですし、ご入居者様のお怒りもご尤もですのでお詫びに行って参りました。


クレームは辛いものですが、今後同じ事を繰り返さないようご指導して頂いているのだと受け止めて気持良くお住まい頂けるよう善処致しますので、ちょっとしたことでも抱え込まずに先ずはご相談下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿