2013年1月10日木曜日

現場主義

1月に入ってからというもの、新着空き物件(賃貸)の数がすごい事になってます。

よくよく観察すると新築マンションが大量に供給されている様ですが、これはと思う物件はそうそう無いんですよね。

私が注目するのは、やはりガレージ。セキュアなバイク専用置場があるマンションとか、シャッターガレージ付き戸建や屋根付きガレージを備えたマンションとか。

そんな物件か否かは外観写真と物件説明文で判別しますが、説明文でガレージの事をつらつら書いてる業者はまず居ません。当社くらいでしょうな。

よって、外観写真がほぼ唯一の判断材料となる訳です。

しかしこれも1枚限りのケースが多く、良く判らない場合はGoogle mapのストリートビューで感触を掴むのです。

そして、これは匂うなと思う物件は現地に足を運び確認する訳ですが、当たりの確率は3割程。大半は徒労に終わります。

そんな面倒な事をせずに直接管理会社に聞けば良いじゃんと思われるかも知れませんが、こちらが求める答えが的確に返ってくるケースはごく稀で、結局は自身の目で確かめる事になるので二度手間なんですよ。

迷ったら現地へGO!

今日も張り切って行って参ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿