2012年8月29日水曜日

ガレージツール

ガレージライフを送るには・・・

何はともあれ車両ですよね。勿論、ガレージ内で木工製作や陶芸なんかをやっても一向に構いませんが、それってガレージライフと言うのかな?

やはり主役は車やバイク。

次に、こいつのコンディションを保つため、或いはコンディションを整えるための場所がガレージ。
この二つが揃えば、ガレージライフを楽しむ素地が出来ます。

ここから二手に分かれますよ。

先ず、ガレージ内の愛車を愛でる派。

車両を磨きあげて大切に大切に保管し、仕事を終えた後の、或いは週末の寛ぎのひと時を愛車と共に過ごします。

お気に入りのローテーブルとローチェア。冷たいドリンクを脇に於いてガレージ内に持ち込んだPCで愛車の最新アイテムをチェックしたりツーリング仲間と情報交換したり。

片や、愛車を弄る派。

オイル交換等の日常整備から、サス&ブレーキ系交換、エンジン脱着等の重整備までそれぞれの守備範囲は違えど、自ら手を入れて愛車のコンディションを整えたり、ポテンシャルを引き上げたりして楽しむのです。

彼らに欠かせないのがツール類。ドライバー、メガネやソケットレンチといった基本的なツールからジャッキ、エアツール、プレス、ブラスター等のマニアックなツールまで様々なツールがあります。

ツールは整備をする度にひとつふたつと増えるものなので、それらの収納も重要。

さっと取り出し仕舞い易い(これ肝心です)工夫がなされてるかどうかで疲れが全然違ってきますね。


前置きが長くなりましたが、この度、そんな「弄る派」の為に㈱オーバークリエイティブ様のワークテーブルと電動油圧式バイクリフトを取り扱うことになりました。

同社はカスタムパーツメーカー㈱オーバーレーシングプロジェクツの関連会社。よって「弄り派」の為のバイクガレージライフのニーズを熟知している訳ですね。

こちらはバイクリフト。

100Vの電源で油圧ポンプを動かして最大500kgまでのバイクを上げ下げ可能。

収納時は畳んで厚さ20cm程度になるので置き場所の自由度も高いですね。

私も一時期本気でシザースタイプの電動油圧式リフト(車用)を購入しようかと悩んだ事がありましたが、シザースタイプ故に整備できる範囲が限られるため断念しました。

将来、バイクを弄り倒すなら個人的にも欲しいかも。

参考動画はこちら。


家庭用100V電源で利用できる点が良いですね。


こちらはワークテーブル。

こまごましたツールを入れるキャビネットとテーブル、そしてフックを取り付けることのできる背板が一体となったものです。

これも個人的に欲しいアイテムです。


リフト及びテーブルをHobbyHouse桜尾に持ち込んで整備三昧なんて良いですね。

勿論、MOTO saLoonに持ち込んで頂いても結構ですよ(^^)

ご家庭にガレージをお持ちの方も如何でしょうか?

これも参考動画があります。


さて、同社は電動スクーターや電動折り畳み自転車も取り扱っております。これらもなかなか興味深いのですが、実はこっちに目を奪われてしまいました。

ビンテージカスタムじゃなくて存在自体がビンテージ。実はSRなんかが好きなのかもしれないと自分再発見。


という訳で、一体何屋さん? な状態ですが、ガレージライフを構成するあらゆるコンテンツを取り扱う会社ですので、これもずっと考えてた事。

ご興味を持たれた方、ご連絡お待ちしております。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿