2012年7月10日火曜日

プライベート・ファクトリー

本日はMOTO saLoonの鍵の引き渡し日。

と言っても、エントランスはテンキー入力のオートロックなので正確にはドアの開閉方法のレクチャーと設備の再確認。

ホイールクランプに収まったのはレーシングマシンでした。

贅肉がそぎ落とされたシルエット。ヒトで言うと体脂肪率ひと桁のしなやかな肢体。

こうして佇む姿も絵になりますが、レース車両と言えばやはり整備・モディファイ・チューニングでしょう。

オーナー様にはファクトリーで整備出来る点を高く評価して頂きました。縞鋼板の上でパーツをばらして作業している様も絵になりますよね。

それもエアコンの効いた部屋で汗だくにならずに出来るのが素晴らしいところ。

しかも近所のゆめタウンで弁当買ってきてラウンジで休憩しながら朝から晩までぶっ続けで作業するという、自宅でやるとご近所の奥様から絶対後ろ指さされそうな行為も、人目を全く気にすることなく堂々とできる環境なんですね。

今回は新設した普通自動二輪車料金にタイミング良く当てはまったのでオーナー様にも喜んで頂けました。

2台目割引もございますので、複数台所有されている方、ご夫婦でご利用をご検討されている方、一度お問い合わせ下さいませ。


さて、肝心の鍵のお引き渡しですが、出る前に用意していたロッカーと吊戸棚の鍵をオフィスに忘れてしまい、何とも締まらない(閉まらない)日でした。←うまい!

2 件のコメント:

  1. 初めまして!
    同じ事を考えて、しかも実行されてる方にお会いできて嬉しくてコメントさせていただきました♪

    僕の場合はもっと規模は小さくなると思いますが、実現させようと企画中です。

    よろしければ色々お話を聞かせて下さい!お願いします

    返信削除
  2. 》坪井様
    はじめまして。コメント頂きありがとうございます。

    そうですか、同志!!! ですね。
    お客様を案内する際のバイクのお話や、鍵を引き渡す際の何とも言えない嬉しそうなお顔を拝見するにつけ、やってて良かったなとこちらも嬉しくなります。
    大儲けできる事業ではありませんが、こうしたインフラ作りは社会的使命だと考えてコツコツやってます。

    是非情報交換致しましょう!

    返信削除