2012年6月11日月曜日

一生モノ

昨晩は久々に自宅でBBQをしました。

我が家のBBQセットはSnow Peakの焚き火台Lにグリルネットと焼き網Proという組み合わせ。

これにLOGOSの囲炉裏テーブルをセットして座って食べるスタイルです。

ジャパニーズスタイルの囲炉裏と欧米スタイルのチェアーの組み合わせは、楽で便利で楽しくて最高です。

さて、アウトドア通にはよく知られた存在のSnow Peak。そのアイテムはとにかくヘビーデューティー仕様のものが多く、多分に漏れずこの焚き火台も文字通りヘビー級。

ステンレス素材のそれは折りたためばペッタンコになるんですが、厚みが相当あって、轟々と薪を焚いてもへっちゃら。そこら辺のホームセンターで売ってるBBQグリルなどは熱で塗装が剥がれたり反ったりするものですが、どんなに酷使しょうとも何のダメージも受けないんです。

代わりにものすごく重い。焚き火台の底に敷く炭を受ける網は鋳鉄製でこれまた半端無く重い。

網も然り。しかも補強の枠入りでこれまた強力な火でも全く反り返ることがありません。

ま、重いということはそれだけしっかりと丈夫に造られている訳で、バーナーで焼き網にこびりついた油を焼き切り、ワイヤーブラシでガシガシ磨いてきちんと手入れをすれば一生モンです。

一生モノというと、機械式腕時計や高級バッグや高級ハンドツール等が思い浮かびますが、こんなアウトドアグッズもありますよという小ネタでした。

今や使い捨てBBQセットが売られている時代ですが、手を掛けるほどに愛着が湧き、生涯使い続けることが出来るホンモノを持つことは、生涯コストパーフォーマンスを考えると安くつくのかも知れませんね。

0 件のコメント:

コメントを投稿