2012年4月28日土曜日

雨ニモマケズ

HobbyHouse桜尾は順調に進んでおります。

今週も少しぐずついたものの、連日の夏日が続きコンクリートの乾燥具合もいい感じ。

現在内装工事に取り掛かってまして、明日クロスを貼り、5月1日には電気工事を終え、好天が続けば2日からフロアペイント作業。

3~4日乾燥させたら、後は建築審査を待つのみ。

予定通り12日にはお引き渡し出来そうです。


さて、現在キャンセル待ちが出ている状況に気を良くしたオーナー様は、早くも第三期工事の検討を始めました。

この際、ガレージハウスを建てましょう!! と鋭意説得中です。


ガレージハウスと言えば、実は来週の月曜に別のオーナー様と建築プランの打ち合わせを予定しております。

いよいよ大本命のガレージハウスですよ♪



2012年4月27日金曜日

几帳面?

この仕事を初めてからというもの、「三谷さんは几帳面やね。」とのお褒めの言葉を頂くことがよくありますが、立場によって微妙にニュアンスが異なるのが面白いところ。

例えば、個人情報が含まれるファイルをメールで送信する際には、PDF化した上で開封パスワードを設定して添付するのがマナーというか事業者としての責務ですよね。

これがオーナー様にとっては意外や新鮮らしく、ちゃんとしてるなという印象を持って頂くことが多いです。

お客様も、大手企業に勤められている方はもはや常識となっているのでしょう、普通にやりとりしてますが、中小企業にお勤めの方や個人事業主の方にとっては趣旨を説明するとなるほど!と納得されます。

一方、同業者や管理会社にとっては、何でそんな面倒なことするん? という反応が多く(除く、上場企業)、しまいにゃFAXで!となる訳です。


こちらとしては至って普通にしている事なんですが、私の属していたそれと慣習が全く違うこの業界。
FAX至上主義で、メールアドレスをFAXに書いて寄こせという意味不明なやり取りも日常茶飯事。

ご希望通りFAXで送ったものの待てど暮らせどメールが来ないので問い合わせたところ、送ったよと。
先方に出向いて送信履歴を見ると見事にスペルミスしてました(笑


かく言う私もお客様からの申込書類などはスキャンしてメール添付でセキュリティ掛けて云々と説明してもやり方が判らないと仰られるので、じゃFAXで。とだんだん馴染んできたような気もしてます。

これは一例に過ぎませんが、この他にも開発案件の市場調査報告やリスク分析シート、タスクリストにプロジェクトプランの作成や、契約までのスケジュール作成、入退去・補修履歴管理表の作成などなど、今までの不動産屋は何やってたの? と思うような事が多々あります。

これを几帳面と言うのかな。オーナー様やお客様に説明するのにこれまでどうやってたんでしょね。

2012年4月23日月曜日

未完のMOTO saLoon

週末はMOTO saLoonの完成内覧会でした。

生憎の雨模様でご来場者も予想よりは若干少なめでしたが、それでも昼ごはんやおやつをのんびり食べたりする暇のない程度の忙しさでした(よく判らんですね)。

そんな中、早速お申し込みを頂いたお客様はクルーザー級の大型バイクでご来場。夏でも冬でも奥様とワンちゃんと一緒にロングツーリングに出掛けるんだそうです。

あまりに快適で奥様はいつもタンデムシートで居眠り(驚

しっかりとした背もたれで身体をホールドされているので落ちないそうですが、それにしてもバイクで居眠りとは。。。

GW前にご契約を済ませ、連休中はバイク三昧な日を送るとの事。いやぁ羨ましい!


他にも次回天気のいい日にバイクで来場して駐輪してみて場所を決められるという方が3名いらっしゃいます。

メールや電話でのお問い合わせも連日頂いており暫くは忙しい日々が続きそう。

MOTO saLoonの収納可能台数は15台ございますが、やはり駐車し易い場所から埋まって参りますのでお早めにご来場下さいませ。


さて、冒頭にMOTO saLoonの完成と記しましたが、それはあくまでも器だけの話。

当該施設は住人同士でシェアできるファクトリーエリアとラウンジエリアが併設されております。

ここは皆様である程度のカスタムが許された空間。

皆様でアイデアを出し合い、居心地の良い空間にして頂ければ幸いです。

住人が増えればそのアイデアもどんどん出てくるでしょうし、時には互いの意見が対立する場面も出てくることでしょう。また、住人が入れ替わる事でカラーが変わる事もあるかと思います。

しかしながらここは大人のサルーン(社交場)。皆が一番居心地が良いように上手にカスタマイズして頂ける事を期待してます。

そういう意味では、MOTO saLoonは永遠に完成しません。

常に変化し、進化する秘密基地。

それがMOTO saLoon。

2012年4月21日土曜日

オープンガレージ

なんだかんだで結局最後は急ピッチで仕上げギリギリ間に合った感がありますが、何とかOPENを迎えるMOTO saLoon。

生憎の天候と、ちゅーぴーパークでの車関係のイベントという強力なライバルというアゲインストにも拘わらず、土日は11時からオープンハウスならぬオープンガレージを開催します。

是非お立ち寄り下さいね。


2012年4月20日金曜日

HobbyHouse桜尾 第二期工事の進捗状況

着工が大幅に遅れたものの、概ね見直し後のスケジュール通りに進んでいます。

上モノが建ち、柱部分のコンクリートが固まる頃合いの土曜日に土間コンクリートを流し込みます。

生憎の雨模様ですが、建屋内の作業なので乾燥の為の養生期間をしっかりと取れば大丈夫です。

つきましては、早ければ5月連休明け、遅くとも第2週の土曜日(12日)からご利用頂ける予定です。

ご予約頂いた皆様には大変長らくお待たせしたお詫びの印としてプチプレゼントがございます。

あらためて個別にメールでお知らせ致しますのでよろしくお願い致します。

2012年4月18日水曜日

MOTO saLoon 内覧会開催

屋内バイクガレージ&シェアルーム「MOTO saLoon」が今週末に完成するのを記念して内覧会を開催します。

と言っても、大々的なイベントでは無くて、今回は展示車両や移動販売車も無い質素なもの。現地には私が居るだけです。

是非バイクでご来場頂き、バイクスタンドに停めてみて下さい。

お車も1~2台なら駐車出来ます。

満車で駐車出来ない場合は徒歩2分のゆめタウンにてお買い物ついでにちょこっとお立ち寄り下さい。あくまでもお買い物のついでですよ。




【日程】

4月21日(土) 11:00~15:00
4月22日(日) 11:00~17:00

【所在地】

広島市安佐南区西原4丁目11-19 KADOMOTOビル1F


ひやかし大歓迎。どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

2012年4月17日火曜日

仕事人間

先週から今週に掛けて多忙を極め、Blogやfacebookの更新もままならない状況です。

今週末には屋内バイクガレージ&シェアルーム MOTO saLoonが完成し、賃貸ガレージタウン Hobby House桜尾もいよいよ上モノを建て始める予定。

随分とサボってしまいましたが逐次状況をアップ致しますので宜しくお願い致します。


しかし正月休みを頂いて以降プライベートで丸一日休みを頂いた日が無い事に気付き、子供達に申し訳無い気持ちで一杯。

GWは1日くらいのんびり過ごしたいものの、今のところちょっと厳しそうな雰囲気です。。。

ん~ サラリーマン時代はこんなに仕事してなかったよな~

2012年4月14日土曜日

土日の予定

本日土曜日は朝からMOTO saLoonにて作業の予定。

フロントホイールクランプ(バイクホルダー)の位置決め、縞鋼板の位置決め、監視カメラの位置決め、ラウンジのポスター貼りやロゴステッカーを貼る準備とか。

ご都合が合えば是非遊びに来て下さい。


また、午前中にフライヤーが届くので、作業が終わったら近隣のバイクショップに挨拶回りに出掛けます。

日曜日も終日外出予定。

と云う訳で、土日はオフィスに居ませんので悪しからず。

New PC

相変わらずPCの調子が悪い。。。

起動するとチェックディスクが走り、立ち上がるのに数十分待たされることが増えてきました。

そろそろHDDがヤバい。

と云う訳で、新PCをポチりましたと。

HPCのワケありデスクトップでして、Window7/AMD 2-core E-450/2GBメモリ/500GB HDD/DVDというスペックで何と22,900円。

何がワケありかと云うと、外装箱に傷やへこみがあるそうな。

今のPCに比べ大幅にダウングレード(CPU性能で半減)してしまうのですが、うちの業務アプリなんて大した負荷掛かって無いので余裕で動くでしょう。Core i5やi7なんてもっての外。

8GBメモリーと23インチモニターも一緒にポチって合計4万円でお釣りが来ました。

モニターは複数台あるとかなり便利になります。今も16インチと23インチを横に並べて作業してますが、大きさが異なるし目線の移動が多い(ノートPCなので)ためウィンドウを入れ替えたり並び変えたりするのがチョイ面倒なんです。

しかしこれで23インチワイド液晶モニター2台を横に並べて作業ができるので効率がぐんと上がりそう。

使い切れないCPUにお金を注ぎ込むよりも、周辺機器を充実させた方が良いと思いますね。

そしてNASを導入し、現在使ってるPCをコールドスタンバイにすると完璧。

問題は、連休明けまでめちゃめちゃ忙しいのでリプレースする時間が取れない事。それまでHDDもってくれるかな。

2012年4月12日木曜日

フロアペイント

昨日と打って変わり本日は好天に恵まれ気温もぐんぐん上昇。ペイントには絶好の日和となりました。

ってことで、MOTO saLoonのガレージエリアのペイントが完了。

淡いブルーで塗られたフロアはCOOLな感じに仕上がりました。

当初はペイントが剥がれている一部を再塗装する予定でしたが、全体のバランスを考慮して全面ペイントする事になりました。

自動車工場等で使われる専用塗料なのでオイルの滲みを気にせず駐車頂けます。

このラウンジエリアの窓から愛車を眺めながら過ごす至福のひととき。

イイですね~

2012年4月11日水曜日

またまた雨。

本日予定してたHobbyHouse桜尾の基礎工事は一旦中断となり、MOTO saLoonのペイント工事は延期となりました。

壁に貼った工程表を睨みつつ溜め息をひとつ。

こればかりはいくら頑張ってもどうしようもないので、今後の好天が続く事を祈るばかり也。

そんな中、MOTO SALOONのラウンジエリアが仕上がりました。

ファクトリーエリアの照明も直管LEDライトに変更し、明るくクリーンな印象に変貌。

残す大物作業はガレージエリアのフロアペイントとフロントホイールクランプ(バイクスタンド)の設置、セキュリティゲートの取り付け、監視カメラ工事が終わればほぼ完成。


しかし、大詰めの段階での雨はホントに悩ましいものです。

唯一のメリットは黄砂で泥んこになってた車がキレイになったことくらいかな(笑









2012年4月10日火曜日

PC

PCの調子が悪いんですよ。

ディスクがそろそろヤバいかも知れない。この忙しい時期に困ったものです。

データは何重にも保護してるしデータ移行はさほど苦労しないと思いますが、環境構築と検証が面倒で入れ替えに躊躇してます。

NASを導入してデスクトップ仮想化したら楽になるの?(ヒトに聞くなって)

とりあえず、お守り貼っとこ。



シェア

時代はシェア。

仕事柄カーシェアリング用のカーステーション候補地を探すことも多々あるのですが、ご年配のオーナー様や古くからの管理会社に問い合わせても、カーシェアリングとは何ぞやという説明が必要なケースがすっかり減ってきました。

カーシェアステーションもそこかしこで目にする機会が増え、ここに来て認知度が一気に上がった感があります。

黎明期から普及期に差し掛かってるのでしょう。

シェアハウスの注目度も高いですね。

基本的にシェアリングは個々で所有するには負担の大きいものが向いてます。車とか家とか。

その究極例が、世界一の演算速度を達成したスーパーコンピューター「京」を始め、各国立大学が所有するスパコンをネットワークで繋ぎ、企業に共同利用してもらおうというプロジェクト。

数億から数十億の初期投資及び数百から数千万円の年間維持コストを考慮すると、もはや一企業で所有するのは困難なリソースをシェアリングし、必要なときに必要な時間だけ利用しようというもの。

これは極端な例ですが、シェアリングの潮流は至る所で見られますね。

所有から共有へ。

ガレージも然り。

2012年4月8日日曜日

MOTO saLoon 募集開始


フライヤーが出来上がったので速攻でWebサイトに掲載するコンテンツを作成しました。

明日4月9日(月)より募集を開始します。

ご利用可能日は今のところ4月下旬(20日前後)を予定してます。

事前の見学も可能ですのでお問い合わせお待ち申し上げております

ロゴのデザイン及びフライヤーの作成は前回のHobbyHouse桜尾同様、せとRyoさんにお願いしました。

イメージ通りに仕上げて頂きヤル気スイッチON !!!

MOTO saLoonの入口

何の変哲もないマンションのピロティがこんなにオシャレに。

乳白色のポリカーボネートパネルをレッドシダーで挟み、プライバシー確保と採光の両立を図りました。

入り口ドアはテンキー入力で解錠するスイングドアを取り付けます。

ホテルによくあるオートクローズ&ロックタイプの扉で閉め忘れ防止対策も施してます。

内側から見るとこんな感じ。

守衛さんは居ませんが、見張り番(監視カメラ)が居ます。

フライヤーも完成し、刷り上がりを待つのみ。

只今Webサイトのコンテンツを作成中に付き、詳細は今しばらくお待ち下さい。

2012年4月7日土曜日

HobbyHouse桜尾 満室御礼

桜の季節、桜尾も満開に。

HobbyHouse桜尾 第二期工事着工分で1戸キャンセルが出ておりましたが、本日無事ご予約を頂き、これでカーガレージ・バイクガレージ共に満室となりました。

本プロジェクトに関わりを持って頂いた皆様に深く御礼申し上げます。

今後はガレージタウンの住人同士のコミュニケーションを促すゆるいイベント等を企画していきたいと考えております。

手始めとして、第二期工事完成後に敷地内でBBQ大会をします!

自称広島で肉が最も美味しく焼ける自家製木炭を提供しますので奮ってご参加下さいませ。

2012年4月5日木曜日

ASAP

MOTO SALOONの工事が順調に進む一方で、HobbyHouse桜尾 第二期工事は遅れ気味。

天候不順もありますが、オーナー様(施工業者)のスケジュールが極めてタイトで、且つ外部の受注工事が優先されるため自社物件がどうしても後回しになってしまっています。

ご予約頂いている皆様には長らくお待たせして本当に申し訳ございませんが、明日最終的なスケジュールを確定させますので今暫くお待ち下さい。


そんな中、HobbyHouse桜尾のバイクガレージ最後の1BOXに正式申し込みを頂きました。

おかげ様で全てのバイクガレージが満室となりましたことを報告申し上げます。

コンテナタイプのバイクガレージはプライベートな空間を確保でき、バイク以外のモノも収納できる点がメリットですが、かつてご検討頂いて断念された方のご意見を伺うと横幅がもう少しあればというお声を多く頂きました。

確かに内寸で1.5m~1.7m程あれば(提供中のガレージの内寸は1.34m)、ガレージの中で整備するスペースを確保する事もできますし、2台のバイクをある程度余裕をもって納める事も出来ます。

しかしそれはコスト増を招き、結果として賃料に反映せざるを得ず現在の賃料10,000円(税別)にて提供する事は困難でした。

広島初の本格的な賃貸バイクガレージを運営するに当たり、オーナー様と幾度となく協議を重ねた結果、標準的なミドルサイズのワイド版として当該サイズを選択した次第。

それでも建築基準法をクリアするための特別仕様なので、この賃料は実はギリギリの採算ラインです。

バイクを整備したい場合は少々割高となりますが車用ガレージを借りて頂くという選択肢もございます(実際にそうしてご利用頂いている方もいらっしゃいます)が、もしプラス数千円で整備できるスペースが確保できたなら・・・

単にバイクを保管するだけじゃなく、ガレージタウン HobbyHouse桜尾のように、コミュニケーションの場としても機能できたなら・・・


という訳で、MOTO SALOONのコンセプトはお客様のお声から生まれたのです。

Week Dayは仕事の出来るビジネスマン(ウーマン)、良き夫(妻)、良き父親(母親)。しかしWeek Endは風を友にワインディングを駆け抜けるライダー。

煩わしい日常から解き放たれ、ひとりのライダーになれる場所。それがMOTO SALOON。

来週には全貌が明らかになります(と、またまた引っ張る)。

2012年4月4日水曜日

MOTO saLoon

西原プロジェクトは着々と進行中。

施設名は【MOTO saLoon】(モト サルーン)と命名しました。

モーターサイクルの「MOTO」と社交場と言う意味の「SALOON」を組み合わせた造語です。

コンセプトは、独立した部屋と住人同士でシェアする共有部分を備えたシェアハウス。それのバイクガレージ版です。

シェアハウスに共有ダイニングキッチンやリビングがあるように、MOTO SALOONには共有メンテナンススペースとラウンジを設けてます。

セキュリティゲート付き屋内バイクガレージはバイクスタンドを設置し、各契約者毎に専用の保管スペースを確保。

メンテナンススペースは3m×1mの縞鋼板及び作業台を2つ設置してバイクを弄り放題。

ラウンジには月間スケジュールを書き込めるホワイトボードを設置し、各種イベントやツーリング予定日等をご記入頂けます。

また、大きな中国地方の道路マップを壁に貼り付け、おススメルートやおススメショップを自由に書き込んで頂いたり、ネズミ捕りポイントにドクロマークを付けたりと。

共有スペースはご利用頂く皆様が自由にカスタマイズして頂ける様、必要最小限の設備しか設けません。

ソファーやテーブルは当方では敢えて用意せず、各人がお気に入りのチェアやテーブルを持ち寄って頂き、それらを皆が共有して下さい。カッコイイポスターを貼ったり、マイツールキャビネットを置いて頂いても結構です。

多くのライダーがここに集い、語らい、弄り、悪だくみ(笑)する秘密基地としてご利用頂ける施設になればという願いを込めて鋭意工事中です。

2012年4月3日火曜日

クラウド

一般的にはIT用語として語られることの多い「クラウドサービス」ですが、最近不動産業界、特に都心部(東京23区)のマンションの住人の間で注目されています。

近年、都心部のマンションはファミリータイプでも50~60㎡台の比較的狭い物件が人気だそうです(リクルート調べ)。理由は交通の便や家族構成、或いは価格等様々ですが、どうしても収納スペースは不足しがち。

そこで生活に必要不可欠でないものは外部のサービスを利用しようというもの。

親や知人が泊りに来た際に利用できるゲストルームを備えたマンションや、会議室や託児所があったり、また一部にはトランクルームを設置しているものも出てきているそうです。

そうした箱モノやスペースのみならず、マンション住人が共同利用できるシェアカーを常設するマンションも多くなってきました。

つまり、住環境に於けるコアな要素は最低限確保しつつ、不足しがちなリソースはクラウドサービスで補うという考え方。

住環境クラウドの究極の例がシェアハウスですが、そのファミリー版と云ったところでしょうか。

個々を見ると決して新しいサービスではありませんが、目的を明確化して差別化を図るためのサービスメニューとして体系化するとなかなか面白いものですね。


2012年4月1日日曜日

ハイシーズン

賃貸物件が最も動くハイシーズンが終了しました。

複数の同業者に聞くと、今年は全体的に動きが少なかったそうです。経済の低迷で人もあまり動かなかったのかも知れませんね。

当社はと言えば、転居理由の第一位は車・バイク関係。転勤や入学という理由は殆どございませんでした。

果たしてこれは不動産屋としてどうなのか?

ガレージ付き物件、ガレージといった物件に特化した不動産屋としては正しい姿なのでしょう。

実際、希望条件登録頂いている会員様の転居理由は車・バイクの保管環境の改善が大半を占めますし、時期も年内とかのんびり構えていらっしゃる方が殆どです。


さて、本日午前中は売り物件のご案内。店舗付き住宅の店舗部分にバイクを納めるという、最近最も手掛ける数が多いパターンです。

ただ、古い物件故か登記簿の地積と実際の地積が異なるんです。

登記情報や物件資料を読み込んでもよく判らないため売主様へのヒアリングが必要ですね。


4月はこれに加え、HobbyHouse桜尾の第二期工事、西原プロジェクト、某地で計画中の賃貸ガレージハウスの着工も予定されており、当社にとっては実はこれからがハイシーズン。

気合入れて頑張ります!