2012年2月3日金曜日

バックアップ運用

2日程SugarSyncを使ってみて判った事があります。

評価と呼ぶには甚だお粗末なテストでは、ファイルひとつひとつのダウンロードスピードは可もなく不可もなくといったところでしたがファイルの属性に依存することなく安定していると評価しました。

が、iPhon/iPadアプリでリモート接続→フォルダ表示→クリックしてファイル表示→クリックしてダウンロードに至るまでの「→」の動作時間がやたらと遅いことが判明。

indexでも作ってるのかな? いちいち待たされるのです。フリーズする事もしばしば。

やはり単なるダウンロードスピードだけで比較しても無意味でして、実際に使う場面を想定してアプリを立ち上げて特定のファイルをビューワーで表示させるまでの時間を比べるとDropboxの圧勝。

また、PCでの操作はSugarSyncマネージャーなるツールを使って行うのですが、これが怪しい動きをして困ってます。

SugarSyncはDropboxと異なり任意のフォルダを同期させる事ができます。SugarSyncマネージャーを起動して「同期するフォルダを追加」すると自動的に同期が開始されるのでとっても楽ちん。

一方、同期をやめる場合は「同期フォルダの管理」画面でフォルダ毎にバックアップを停止すると同期リンクが切れる訳です。

しかしこの動作が極めて不安定。何度切っても何故か復活するのです。

画像ファイルのサムネイル表示やフォルダ表示方法、そして上記の通り機能面は素晴らしいものの、頻繁にファイルを開いたり閉じたりする用途には不向きと感じ、Dropboxに戻しました。

“完成度”はDropboxに一日の長があるようですね。


と言う訳で、今の使い分けは次の通り。

Dropbox:外で頻繁に参照する画像ファイル、pdfファイルを同期
SugarSync:webサイトのコンテンツを格納しているフォルダ、デスクトップを同期(バックアップ用途)
Nドライブ:上ふたつのファイルに加え、マイドキュメントをまとめて同期(バックアップ用途)

そして不定期(思い出したとき(^^;) にローカルディスクにRealSyncでこれら全て+顧客情報の入ったフォルダ(契約書類等)を同期。

2重のリモート・オンライン・バックアップとローカル・オフライン・バックアップで万全のはず。

DropboxもSugarSyncも数世代前まで遡れるようなので敢えて手動での世代管理はしていません。

欲を言えば申込書や契約書を外出先から閲覧したい時もあるので、本当はDropboxに入れたいのですが、セキュリティに一抹の不安が残るため外に出してません。

ちょっと面倒ですがリモートデスクトップでPCに接続して確認してます。

有料の国内クラウドサービスを利用すればこんな面倒な事もしなくて済むんでしょうけどね。

0 件のコメント:

コメントを投稿