2011年12月22日木曜日

再生ビジネス

価値の落ちた古家を買い取り、リノベーション or コンバージョンを施して再生住宅として販売する。

そういうビジネスをしているリフォーム会社があります。

この度、近所で店舗付住宅をビルトインガレージに改装した一戸建て住宅の現地説明会が明日23日に行われるとのBlog記事を読み、早速応募しました。

と申しましても、私個人が購入する訳ではなくて、市場価値の落ちた賃貸戸建住宅のオーナー様向けにそういう手法を施して所有物件の価値を高め、本来のショップとして、或いはガレージハウスとして、工房として再生する提案のヒントになればと思ったのです。

しかし、よくよく聞いてみると着工は来年の話。今回は説明会のみとの事でしたので完成見学会の際に呼んで頂くことになりました。


古い歯抜け状態のアパートや、もう何年も入居者が入らない戸建住宅、店舗用の土間があるが店舗としての社会的価値が無くなってしまった物件等々、世の中には沢山眠ってますよね。

そうした物件を取り壊して新たなものを一から造り上げるのではなく、新たな命を吹き込んで本来持つ物件のポテンシャルを高め、環境や懐に与える負荷を極力減らす。

これだけ価値観が多様化した時代だからこそコンバージョン(用途変更)が有効なケースも多いはず。

リフォームやリノベーションに飽き足らない方々向けのコンバージョン住宅を賃貸で提供するというビジネスも面白そうだと思いませんか(建築基準法とか消防法とかいろいろとややこしい事が増えるんですけどね)。

0 件のコメント:

コメントを投稿