2011年11月16日水曜日

ガレージングデイズ的ガレージハウス

ガレージングな会社がプロデュースするガレージハウスは、ガレージ中心でないといけないのです。

インナーガレージとか、ビルトインガレージとか、家の中にガレージを入れました的な、そんなぬるいものは造りたくないのです。そんなものは直ぐにコモディティ化して時代に飲み込まれてしまうのです。

あくまでもガレージ中心。ガレージが最も快適な空間。ガレージに居る時が最も幸せな時間。居住空間に居ても愛車を感じることの出来る間取り。コレです。

しかし、広さと快適性、デザイン性と機能性全てに理想を追い求めると当然にコストが嵩みます。これをクリアするために極めて先進的な試みを計画してます。

詳細はもっともっと詰めないといけませんが、この通り具現化したらクールなのにあったかくて、複雑なのに機能的な不思議な建築物になります。

時代や環境の変化に対応してフレキシブルに中身を変えられるというハード面のアプローチは先に記しましたが、外観では、陳代謝を繰り返す街のランドマークとして認知されることを大真面目に目指しております。

そうすることで、ハード・ソフト両面でいつまでも陳腐化せず、オーナー様はもとより入居者様にも地域住民の方にも愛され続ける建築物となるのだと思うのです。

テーマはサスティナブル・ガレージハウス。

もともとガレージは多種多様な用途に対応できる大空間。設計を依頼している空間の魔術師から湧き出るアイデアは非常に刺激的で想像力を掻き立てられます。

本日は、そんなガレージハウスの第一回目レビューミーティングでした。

次回のミーティングが待ち遠しくてなりません。

0 件のコメント:

コメントを投稿