2011年11月9日水曜日

収穫の秋


半年ほど前から調子の悪いルーテシアのAT。ルノーではDP0と呼ばれますが、PSA(プジョー・シトロエン)のAL4と言えば聞き覚えのある方も多いんじゃないかと言う程悪名高きポンコツAT。

放熱対策がイマイチでAT内にスラッジが溜まりプレッシャーバルブの動作不良を引き起こす持病があります。そうすると、フェールセーフが効いて3速固定になるんです。

エンジンスタート後、上り坂で発生するケースが多く、一度エンジンを切ってコンピューターをリセットし、ATが暖まるとその日の内に再発することは稀。

もうすっかり慣れたもので、異常が出たら走行中であろうとニュートラルに入れてキーをOFF/ONしてリセットするのが常になってしまいました。

リセットで一時的に治ると言うことは、実際は詰まっておらず、詰まったかもよという誤信号を拾っているのかもしれません。

そんなこんなで半年ほど騙し騙し乗ってましたが、先日嫁が運転してた際に信号待ちでエンジン回転が上下してエンストしそうだったと言うのです。

暫くルーは動かさないようにして190Eを足に使ってましたが、本日思いのほか仕事が早く片付いたので午後から試運転を兼ねて北広島町のオーナー山林までひとっ走りしてきました。

勿論主目的はキノコの収穫。

お決まりのコースの途中に在る野菜の直売所に立ち寄り、白菜、大根、柿、唐辛子、にんにくをゲット。

〆て700円也。

山林に到着し、早速ほだ木を見に行くと見事な椎茸発見。

更に更に地面に転がしているほだ木にはなめこがびっしり。

まだまだ収穫できそうなほだ木を1本連れて帰りました。

本日の収穫。

きのこ御飯に西利の桜の塩漬けを載せて美味しく頂きました。


あ、忘れてた。肝心のルーテシアのATですが、絶好調でした。

これだからイタフラ車は。。。


最先端ガレージハウス、いや、モーターハウス?を発見。

0 件のコメント:

コメントを投稿