2011年9月7日水曜日

IFRAME

と、いろいろとwebsiteを改良している内にホームページビルダーもHTMLも結構使いこなせるようになりました。

しかししかし、最近、新着情報をIFRAME(インラインフレーム)を使ってスクロール表示させるようにしてひとりほくそ笑んでたのですが、iPhoneやiPadのsafariで表示させるとびよ~んとフレームが下に伸びてしまい、全てのテキストが表示されることが判明。

スクロールバーも出ないし。

ところが、再読み込みするとスクロールバーは出ないものの普通に表示されることもあります。

何度か試してみるものの、どういう状況でおかしな表示になるのか規則性までは判らず。タイミングか何かでしょうか?

一方、Androidの場合は何度やっても全くダメでした。

ググってみるとこれはタッチUI故にどうしようもない事の様で、対処法としてはスマートフォンからのアクセスを判定してCSSを切り替えるJava Scriptを組むしか無いみたいです。

ふ~ん。なんのこっちゃ。全然判りません(爆

Google Analysticsで分析してみると、iPhone、iPad、Android端末からのアクセスは全体の15%程。

これはスルーできる数字じゃないです。何とかしなければ。

結論はIFRAMEは止めるべき。もっといい方法を考えます。

上記端末でサイトをご覧頂いている皆様、大変お見苦しくて申し訳ございませんが、今しばらくご辛抱下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿