2011年9月19日月曜日

漢の車 Clio V6

アジトで眠っているClio V6。

1週間に1度エンジンを掛けて調子を見てますが、当然ながら何の問題も無し。

しかし、こうして防塵用のカバーを掛けていると普通よりもべっぴんさんに見えませんか?

如何にもスペシャルカー的なオーラが出ている様な気がするのは私だけかな。

実際、エンジンを「室内」に積んだ、おかしな車なんですけどね。

クラッシックミニのEV化作業でお手伝いに来られる方は皆興味津々で、その度にエンジンルームをお披露目してます。


エンジンが室内に在るとはいえ、2重の蓋で覆っているため煩くは無いですし、そんなに暑くもならないです。

ゴルフにだって行こうと思えば行けます。

実際、前オーナーさんはこの棚(?)の上にゴルフバッグを2個搭載してご夫婦でコースに出られてたとか。

トランクだってほら、一応申し訳程度にありますよ(笑

そんな実用車としても使えなくもないClio V6ですが、最小回転半径だけはいただけません。

なんとなんと6.5mもあるんですね。

全長僅か3.8mのハッチバック車が ですよ。
このクラスだと大抵4.5m~5mの範囲です。

大回り大将と陰口を叩かれてた(私が言ってただけですが)アルファロメオ156も5.8mと可愛いもんです。

因みに、全長6mの2t平ボディロングのトラックの最小回転半径が6.2m。


すごいでしょ♪

でも、そんな大変な車とは誰も知らないので、一発で駐車場に入れて“どや顔”しても誰も理解してくれません。

更には、サイドシルはこんなに幅広く、2ドア故ドアも巨大。しかも左ハンドルなので助手席は右側。

ミニスカートのおねーちゃんをのせるのはやめといた方が良いかも知れません。

そんな硬派なオトコのClio V6。

如何ですか?  

全然セールスアピールになって無いな。

2 件のコメント:

  1. このクルマ、話を聞くまで2人乗りとは思えませんでした。
    不思議なオーラを発しています。
    「カーズ」の世界だったら、
    夜中にEVデロリアンとどんな会話してるんだろう…

    返信削除
  2. 》TOMO@広島さん
    はたから見たらただのハッチバックですもんね。
    でも近付くとサイドにエアインテークが付いてたり、お尻がやたらとデカかったり(笑

    クリオV6とデロリアン、年齢・国籍は違えど共通するのは変態車ということ。気が合うんじゃないでしょか(^^

    返信削除