2011年9月3日土曜日

ミッドシップ

FFから始まりRRに至るまで、全駆動方式を制覇した私の車所有歴の中で唯一のMR車。

マーチやフィット程のハッチバック車のリアシートに、人間の代わりに3,000ccのV6エンジンを鎮座させて蓋をしたモンスターマシン。

こんなものをメーカーのカタログモデルとして元国営企業が量産してたなんて。

今や日産と同じグループとなり、プラットフォームが共通化され、かつての乗り味がすっかり薄れてしまいました。

吊るしの状態で誰もが安全に速く走れることが真っ当な進化と洗練ならば、ひとつくらいプリミティブなまま生き永らえる車があっても良いんじゃないでしょうか。

エンジンを腹に抱えるMRが宿命的に持つ"役に立たない車"のレッテルは、それと引き換えに手にするマシンを操る楽しさと危うさで人生カンフル剤に成り得ます。

Renaultが設計し、TWRが製造を担った荒削りなじゃじゃ馬MRマシン。

入庫しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿