2011年8月29日月曜日

ファミリータイプのガレージハウス


本日、とある方より、某地に賃貸ガレージハウスが出来たよとのメールを頂きました。

ここ広島はガレージハウスはもとより、シャッター付きガレージやバイクガレージすら満足にないガレージ不毛地帯。

これまで弊社にも多くのお問合わせを頂き、沢山のお客様にご希望条件を登録頂いております。

従って、常々もしガレージハウスが出来たらすぐに満室になるんだろうなと思ってたところ、案の定一週間で満室となった模様。

賃貸ガレージハウスと言うと、一般的には1棟の2階建建築物を3~4戸でシェアする所謂タウンハウス型が多いものですが、こちらは二戸イチの物件。

よくある賃貸用二戸イチ住宅にビルトインガレージ(インナーガレージと表記されてました)を付加した物件で間取は2LDKのファミリータイプ。

しかもアプローチは決して広くも無く、砂利敷きで、段差大き目。

なのに直ぐに埋まったそうです。

これは意外でした。



ガレージハウスを選択する目的は、車を雨や埃やイタズラから守りたいケースと、天候や時間に束縛されずに車弄りを楽しみたいケースに大きく二分されます。

ガラス張りのガレージに入れた愛車を眺めながらブランデーグラスを傾ける なんて趣向もあるのでしょうが、それはもはや建築士に頼んで新築する世界。

若しくは高額所得者層向けの別荘的な利用形態。

何れにせよ、奥様やお子様にとってはどうでも良いことなんです。一般的には。

なので、ファミリータイプのガレージハウスは難しいじゃないのかなと考えていましたが、そう云う先入観を持ってはいけませんね。
 

ただ、この土地なら、当社はやはりシングル向け1LDK×4戸を基本に考えますが。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿