2011年8月9日火曜日

ホームページビルダー

自社Websiteはジャストシステム社のホームページビルダーを使って作成しているのですが、これが何とも使い難い。

もっとも、他のツールを試したことが無いので比較すらできませんし、ウェブサイト作成ツールではシェアNo.1を誇るソフトなのでそれなりに優秀なんでしょう。

しかし何でしょ、このWordの如き使い勝手の悪さは。。。

で、いろいろ弄ってると「レイアウト枠」なる機能を発見しました。

これを使うと、任意の位置に文字や図形や写真を貼り付けることが出来ます。

こりゃいいやと喜んで、予てから考えていた契約までの一連の流れと入居費用の明細を作成してみたところ、ブラウザー毎に表示がバラバラになってしまい非常に見辛いページになってしまいました。

調べてみると、レイアウト枠を使うと、その枠内のコンテンツが絶対位置で表示されるようになるそうです。レイアウト枠以外は標準モードで作成しているため相対位置で表示されます。

これによって、一見きれいに配置したコンテンツも解像度の異なるディスプレイや異なるブラウザーでサイトを表示するとこれらにズレが生じてしまうのです。

もっと酷い例では、どこでも配置モードというモードを使ってサイトを作成すると、全てのパーツが絶対位置で表示されるため、場合によってはとんでもない事になってしまうそうな。

で、つくり直し。

結局、表を作成してその中にひとつひとつパーツを貼り付けて表の罫線を消し、何となくそれらしく見られるようにはなりました。

なるほどパワーポイントの様に直感でパパッとつくれるものでは無い訳ですね。

何の知識も無いシロートがウェブサイトを造ろうとする際には簡単な操作でそれらしいモノが出来上がりますが、凝ったものを創ろうとすると物足りなくなってしまいます。

取り敢えず、「ご契約までの流れ」~「契約金の明細 」といった、胡散臭げな(笑)内容を明記致しましたので宜しければのぞいてみて下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿