2011年6月10日金曜日

我が家には3匹の猫が居付いています。何れも拾い猫。

最初の2匹は兄弟で、段ボール箱の中でミーミー鳴いてたところを娘とその友達が見付け、ひと晩だけ家で世話したいと連れて帰って来ました。

ひと晩だけで追い出せるはずもなく紛れもない確信犯です。しょうがないので彼らの世話をすることを条件に飼う事に。

その半年後、その頃掛っていた病院の小屋裏で産み落とされてミーミー鳴いてた赤ちゃん猫を妻が助け出し、やはり連れて帰って来ました。

もうこれ以上はキリが無いので無理やでと釘を刺してこの子も我が家の一員に。

その後、脱走騒ぎや入院騒動などありつつも、大過なく過ごしてきました。


時は流れて昨日のこと。 小学校での用事を終えた帰り道。草むらでミーミー鳴いてた子猫を見付けたと妻。

心を鬼にして連れ帰らなかったものの、どうしても気になると夕方探しに行きました。

子猫はもうそこには居ませんでした。

今朝も早起きして捜索に行き、夕方も雨の降りしきる中、範囲を広げて一緒に見て回りましたが、やはりもう居ませんでした。


場所は小学生の通学路。子供の話では公園に子猫を連れてきた子が居たとか。

妻も朝見回った際に、何処かの家の扉が開いた時に子猫の鳴き声が聞こえたとか。

遅くなったので捜索は断念し帰路に付きました。何処かの誰かに拾ってもらっていることを願いつつ。

0 件のコメント:

コメントを投稿