2011年6月30日木曜日

わらしべ長者

本日は、いつもお世話になってるプロショップに福岡土産を持って行きました。

そしたら、商品車に使ってみ と、こんなお返しを頂きました。

これまた結構なお品で。

商品車が殆ど売れてしまったので、もったいないけれど18年落ちの社用車に使ってみました。

何これ! スポンジに付けて水洗いしただけなのに水玉コロコロですよ。

左:Before
右:After


はっ これは、 もしかして、

おみやげ押しつけわらしべ長者商法 イケるかも。



イケるか んなもん。

2011年6月29日水曜日

超一流ホテル廻り

昨日はシェラトン、本日は帝国ホテル。

一流ホテル三昧で食傷気味です。


すみません。全くのでまかせです。いや、ちょっとかじっただけです。

昨日は大阪から出張で来広した元同僚と飲みに行ってました。

その待ち合わせ場所がシェラトンのロビー。

世界のシェラトンなのにえらい狭いロビーやなと思ったのは1階のエレベーターホール。実際は6階です。

6階に上がってもどこがロビーか判らないお上りさん状態。

とりあえず一番手前の、座っても怒られそうにないインターネットカフェみたいな席を陣取りましたが、そこはロビーじゃ有りませんでした(爆


そして本日。お世話になっている家主さんに福岡土産を持参したところ、お返しにチョコを頂きました。

いやぁ済みません。恐縮です と言いつつ遠慮なく受け取り、車の中で確認したそれには、「IMPERIAL HOTEL」と書いてるじゃありませんか。

ええぇぇ~ 
こっちはちんけな気持ちだけのささやかなものなのに、その数倍のモノを頂いてマジで恐縮しましたよ。

家に持ち帰って家族で有り難く頂きました。帝国の香りがしました(ウソ)。

2011年6月28日火曜日

梱包

宅配便のドライバーから梱包名人の称号を頂いている私ですが、丸いものの梱包はホント大変なんです。

今回は委託販売したホイール4本とタイヤ&ホイール8本。

タイヤ付きのホイールは2本を向かい合わせにして荷作りバンドで纏め、業務用ラップでぐるぐる巻きの刑。ものの10分もあればできます。

が、今回のホイールはリムがタイヤより出っ張ってるため向かい合わせにすると傷が付くんです。

しょうがないので1本ずつ表と裏に段ボールをあてがって荷作りバンドで縛り、業務用ラップでぐるぐる巻き。

段ボールを切ったり貼ったりで1時間もかかってしまいました。

アルミホイールはもっと大変。

ワンオフで段ボールを切り貼りして箱を作り、きれいに収めて荷作りテープでぐるぐる巻き。これまた1時間。

梱包前の運搬、洗浄、乾燥工程を入れると半日作業でした。

いくら名人でも今回は難儀しましたな。つかまだ4本残ってるし。。。

2011年6月26日日曜日

建築基準法による内装制限

賃貸ガレージの開発を進めるに当たり、やはり最大の難関は建築確認申請。

これまではバイクガレージ(10㎡以下)の土地への定着の要否について建築主事への問い合わせを重ね、概ね道筋が見えてきました。

次なるハードルは内装の素材。

4輪用のガレージは国内大手のシャッター付きガレージなので極論すると倉庫と同じ。

よって色気も何んにも無い鉄板の内外装です(内装無し)。

当然防音、断熱も何にも考慮されていないため、別途内装仕上げを検討中。

一方でバイクガレージはと言うと、デフォルトで扉以外は木製パネル仕上げ。中に入るとふわっと木の香りが漂います。

内張りが木なので、防音、断熱に加えて調湿効果も期待できますね。

ところが、この「木」が建築基準法上問題となります。



建築基準法施工令

(特殊建築物等の内装)
第三十五条の二   別表第一(い)欄に掲げる用途に供する特殊建築物、階数が三以上である建築物、政令で定める窓その他の開口部を有しない居室を有する建築物、延べ面積が 千平方メートルをこえる建築物又は建築物の調理室、浴室その他の室でかまど、こんろその他火を使用する設備若しくは器具を設けたものは、政令で定めるもの を除き、政令で定める技術的基準に従つて、その壁及び天井(天井のない場合においては、屋根)の室内に面する部分の仕上げを防火上支障がないようにしなけ ればならない。

 法別表第一 
(い)
用途





























































(一)
劇場、映画館、演芸場、観覧場、公会堂、集会場その他これらに類するもので政令で定めるもの



(二)
病院、診療所(患者の収容施設があるものに限る。)ホテル、旅館、下宿、共同住宅、寄宿舎その他これらに類するもので政令で定めるもの



(三)
学校、体育館その他これらに類するもので政令で定めるもの



(四)
百貨店、マーケット、展示場、キャバレー、カフェー、ナイトクラブ、バー、ダンスホール、遊技場その他これらに類するもので政令で定めるもの



(五)
倉庫その他これに類するもので政令で定めるもの



(六)
自動車車庫、自動車修理工場その他これらに類するもので政令で定めるもの




第百二十八条の四  法第三十五条の二 の規定により政令で定める特殊建築物は、次に掲げるもの以外のものとする。
  次の表に掲げる特殊建築物
構造耐火建築物準耐火建築物その他の建築物
用途
(一)法別表第一(い)欄(一)項に掲げる用途客席の床面積の合計が四百平方メートル以上のもの客席の床面積の合計が百平方メートル以上のもの客席の床面積の合計が百平方メートル以上のもの
(二)法別表第一(い)欄(二)項に掲げる用途当該用途に供する三階以上の部分の床面積の合計が三百平方メートル以上のもの当該用途に供する二階の部分(病院又は診療所については、その部分に患者の収容施設がある場合に限る。)の床面積の合計が三百平方メートル以上のもの当該用途に供する部分の床面積の合計が二百平方メートル以上のもの
(三)法別表第一(い)欄(四)項に掲げる用途当該用途に供する三階以上の部分の床面積の合計が千平方メートル以上のもの当該用途に供する二階の部分の床面積の合計が五百平方メートル以上のもの当該用途に供する部分の床面積の合計が二百平方メートル以上のもの
一 この表において、耐火建築物は、法第八十六条の四の規定により耐火建築物とみなされるものを含み、準耐火建築物は、同条の規定により準耐火建築物とみなされるものを含む。
二 この表において、第百十五条の二の二第一項第一号に掲げる技術的基準に適合する準耐火建築物の下宿、共同住宅又は寄宿舎の用途に供する部分は、耐火建築物の部分とみなす。
  自動車車庫又は自動車修理工場の用途に供する特殊建築物
  地階又は地下工作物内に設ける居室その他これらに類する居室で法別表第一(い)欄(一)項、(二)項又は(四)項に掲げる用途に供するものを有する特殊建築物

と言う訳で、自動車車庫は特殊建築物に該当し、内装制限が適用されます。
ま、これは予てより懸念していた事ではありますが、それがどの範囲まで対象になるのかを確認したところ、例外無く全てとの回答。

つまり、いくら小さなコンテナであろうが、ガレージとして利用するには内壁及び天井を難燃若しくは不燃素材で覆わなければならないと言う事です。

これでは先述の木製パネルの良さを殺してしまう事になりますが、認可が下りないと営業が出来ないため、ここはぐっと我慢して善後策をメーカー側と協議中です。

一般住宅のガレージによく使われるケイ酸カルシウム板だとあまりにも殺風景だし脆いのでできれば避けたいところ。

只今の案としては、木目加工された難燃性化粧合板が有力ですが、コストと質感が気になり他の素材もあたってます。

いろいろありますね。

2011年6月25日土曜日

博多出張記

とある事情で多忙を極め、Blogの更新をすっかりサボってました。

心を入れ替えてきちんと書こうと思ったものの、時間が無いので超端折り日記。

23日の木曜にバイクガレージの実物を視察に車で福岡入り。

ちょっと早めに久山に行き、Costcoでいつものシェブロンオイル他諸々を調達。

店の在庫が不足気味の20W-50が欲しかったのですが、尼崎店もそうでしたがもう在庫していない様子。その代わり5W-30が置いてました。

省燃費の為には柔らかいオイルが良いのですが、クリアランスの広がったちょい旧い車には少々硬めの方が良い場合もあります。特にこれから暑くなるのであまりにもシャバシャバだと個人的には心許ないですね。

こちらはシットオン。一時期真剣に欲しかったものです。Costcoに置いてるなんて。

昼は元同僚と「てっ平」にて山かけマグロ丼とひれかつ2枚セットを堪能(あまりの渇望感故に写真撮り忘れました)し、午後からバイクガレージの視察。

メーカーの社長からいろいろなシチュエーション、ロケーションでのバイクガレージ利用の実態をレクチャー頂き、実物を見てまずまずの出来に納得。

やはり実際に見て、会話しないと始まらないですね。電話でのやり取りで商談が決まる事もありますが、初めての場合は時間と費用を掛けてでもひざを突き合わせて話す事は極めて重要です。

で、夜はまたまた元同僚と中洲 ではなくて珍しく親不孝通りに繰り出しました。

1次会はもつ鍋屋。

翌日の仕事もあるので早々に引き揚げるつもりが、勢いで2次会も。

当然アルコールはNGなのでウーロン茶ばかり飲んでました。しらふでキャバに行ってもあまり面白くない事を再発見(笑

結局、日が変わってから帰路に就いたので、自宅に帰ったのは朝の5時でした。


はて、視察と飲み食い買い物とどっちがメインの旅だっけ?

2011年6月23日木曜日

facebookの利用者像

ここ1ヶ月で多くの知り合いがfacebookを利用するようになりました。

元来IT屋なので馴染みやすいのだと思いますが、それにしても急激な増え方。

1年以上連絡を取っていなかった方とまた繋がって、へぇーそんな一面があったんだという発見があったり、相変わらずやな~ と思う方も居たりと、さながら毎日が同窓会の様相。

当初、個人情報がどうのと騒がれ、日本人には馴染めないのではとの懸念もすっかり影を潜めた感があります。

私は会社を立ち上げた時点で情報開示の覚悟を決めてるので、Websiteにも個人情報を掲載し、このBlogにも個人的な事を書いてます。なのでFacebookも特に抵抗はありませんでしたが、普通の勤め人でも結構晒してるんですよ。

それだけ社会が成熟してきたことの証なのでしょうか。

ただ、やはり業界的にはIT系の方が多いように思います。それも外資系が。

ま、そんな事を気にしない神経の太い人じゃ無いとつとまらないのも確か。

なるほどね。

2011年6月21日火曜日

ミッドナイト・エンデューロ

毎年7月はいろんなイベントが重なり、どれに参加するかいつも大いに悩みます。

今年は、こんな感じ。

1.17日(日) ティーポ オーバーヒート・ミーティング
2.30日(土)、31日(日) ミッドナイト・エンデューロ
3.30日(土)、31日(日) 森林オーナー制度ウッドマン倶楽部のイベント

2と3が重なってたので3を前の週に前倒しして1は断念。

2週連続となりますが休みを頂いてこのふたつは参加する予定でいました。

ところが、昨日妹からの電話で17日(日)の法事の段取りを告げられ、すっかり忘れてた事を思い出しました。

まさか3週連続閉店すると文字通り閉店まっしぐらとなる訳で、泣く泣くミッドナイト・エンデューロを断念することに。

と言う訳で、例年の熱い7月は暑いだけの7月になりそうです。

博多出張

本日は賃貸ガレージの打ち合わせ、

オーナー様と3時間半に渡り議論を重ね、ほぼ方向性が固まりました。

4輪用ガレージは絞られましたが、バイクガレージを決めかねてます。

堅牢性、気密性、転用可能性、デザインを優先するとコンテナタイプ。コスト、デザインの一貫性(4輪と同メーカー)、段差無しのバリアフリーを優先すると物置タイプ。

物置タイプは確かに安いのですが、自分がもし愛車を保管するならコンテナタイプの方が好みですね。

何れにしても実際にモノを見てみないと始まらないので木曜日に視察してきます。

久々の博多出張。

早速、家族からは「とおりもん」のリクエスト。おまいらの目当ては土産物だけか。。。

2011年6月20日月曜日

時間

あっという間に一日が過ぎてしまいます。

気付けばもう今年もあと半年ちょい。

時間が無い。本当に足りない。


その昔、スティーブマックイーン主演、ダスティンホフマン助演のパピヨンという映画を観ました。
ちょっとした罪で捕えられた主人公が脱獄を繰り返すうちにどんどんと厳しい刑務所に送られ、いつの間にか当初の刑期の何倍もの時間を刑務所で過ごすと言うくだり。

ある日、健康状態も精神状態もぎりぎりの中で夢を見ます。

砂漠をひとりで歩いている夢。遥か向こうに裁判官と陪審員が座ってます。主人公がそこに辿り着くと判決が下されます。

お前の罪は自分の時間を浪費したこと。よって有罪だと。
 
そんな内容だったと記憶してますが、このシーンには衝撃を受けました。



時間が足りないのは、もしかして自分の生産性がものすごく低いせいかも知れません。

やり方が悪いのか、能力が無いのか、その両方か。

サラリーマン時代は仕事は決して遅い方では無かったと思いますが、今の仕事は初めての事が多いため、いちいち調べ物するのに時間が掛かるんですよね。有能なパートナーも居ないし。

ま、でも、一度ひな型が出来上がればアレンジは簡単なので、今が踏ん張りどきなのかな。


と、超手抜きな愚痴ブログで済みません。

2011年6月19日日曜日

我が家は日曜日は夫婦共々仕事の日。

妻は電車に乗って職場に行ってるので、当方のアポが無ければ仕事の合間に家事全般をちょこまかやってます。

本日は午前中一通りルーチンワークをこなした後、次男のバスケットの練習試合終了の頃合いを見計らって迎えに行き、子供たちの昼食を作り、午後から販売委託頂いた自動車用部品をせっせとヤフオクに出品。

夕方からは賃貸ガレージのレイアウトを再検討し、ほぼ最終案が纏まりました。

後は、プロジェクト体制とスケジュール表、広告戦略を詰めて火曜日のオーナー側との打ち合わせに臨みます。

と、新プロジェクトの方はこなすべきタスクが山ほどありますが、一般の賃貸物件に関してはここ最近土日のお客様の案内がめっきり減っててちょっと凹んでます。

物件情報を掲載し過ぎているせいじゃない?というアドバイスも頂きます。チラ見せして飢餓感を煽り、何件も案内して最後に本命を見せて申し込みを頂くという昔ながらの戦術ですね。

当社はお客様が自ら本命を探して頂けるよう、事細かに情報を掲載しています。

レガシーな戦術とは全く逆のアプローチですが、その方がお互いに時間と労力の節約になりますし、そのおかげで仲介手数料定額制(上限制)を継続できるのです。

しかしこうも少ないと厳しいですね~。

ガレージ事業(賃貸ガレージ、シェアガレージ、賃貸ガレージハウス)がきちんと立ち上がるまでは一般の賃貸物件の仲介と自動車の売買が主な柱なのでテコ入れを考え中です。

2011年6月18日土曜日

1000円

ETC上限1000円割引(正式名称なんでしたっけ)が明日19日で終わってしまいますが、土日祝日も基本仕事な私はこれまで恩恵に与ったのは数えるほど。

それでもいざ終わるとなるとちょっと残念ですね。

この週末は皆さん最後の遠出に出掛けてるんでしょうか?

次回この制度が復活する際は、平日休みの人にも何らかの特典を与えて欲しいものです。

水曜日も上限1000円にするとか、毎月1日、10日、20日、30日は曜日に関係なく上限1000円とか。

以上、マイノリティ・リポートでした。

2011年6月17日金曜日

コンテナ

輸送用コンテナはアイデア次第でいろんな用途に利用できる大人のおもちゃ箱。

ただ、国内では建築基準法が立ちはだかるので「解釈によっては・・・」的なグレイな運用をしているケースも目立ちます。

例えば街中や郊外で良く見掛けるコンテナを利用したトランクルーム。

床面積が10㎡を超える場合は建築確認が必要です。布基礎かベタ基礎を打ってその上にコンテナを載せてアンカー止めしなければなりませんし、構造計算書も添付しなければなりません。


ところが、劣悪なケースでは地面にコンクリブロックを並べ、その上に設置しただけのものも見掛けます。更に上にもう一つ積み重ねているのもありますね。

その状態では当然建築確認申請は却下されますが、申請を出さずとも営業できている訳ですから何てグレーゾーンな業界。


さて、そんな窮屈でややこしい建築基準法ですが、それもこれも入居者・利用者・周辺地域の安全を担保するための法規制なので正面から受け止め、堂々と営業できるように細かい内容の問い合わせを繰り返してます。

幸いなことに、市の建築指導課のご担当者は非常に丁寧で事細かに回答を頂けているので、大体先が見えてきました。

4輪用ガレージは10㎡を超えるため建築確認が必要。国産大手であればメーカー側できちんと図面と構造計算書が用意されているのでこちらは問題無いでしょう。

一方の2輪用ガレージは内外のデザイン性とセキュリティを高めたコンテナタイプのものを採用したいのですが、メーカーに問い合わせると構造計算はしていないとの事。

当方も床面積10㎡以下なのでそもそも建築確認は不要と考えてましたが、市に問い合わせた結果、例え独立した建築物でも複数個設置して延べ面積が10㎡を超えた場合は建築確認が必要との事。

10㎡以下の単位で増築を繰り返すというセコイ考えもNGです(玉砕)。

但し、ひとつひとつの箱は10㎡未満なので構造計算書までは不要と言う事が判明。

よって、図面や材質や仕様を記載した書面が準備できればOKですね。


そんなこんなで、倉庫、物置、ガレージの建築確認申請の有無についてはホームセンターの担当者より詳しくなったのであります(笑


話は全く変わりますが、コンテナと言えばサーバやストレージや通信機器を詰め込んで移動も出来るデータセンターとして利用するという構想を発表した外資系ベンダーがいましたが、その後どうなったんでしょうか。

クラウドに吸い込まれて雲散霧消しちゃったかな。

2011年6月16日木曜日

子猫

我が家にやってきた子猫二匹。

病院に行って目薬をもらい、子猫用キャットフードを与えたらすっかり元気になって暴れ放題いたずらし放題。

でもトイレを直ぐに覚えてくれて助かりました。

もう可愛くてしかたが無いです。親バカと言われようがかわいいもんはかわいい。

しかしいっつも寝てます。子猫は1日24時間の内、20時間は寝ているそうです。

私と真逆じゃん。あぁ子猫になりたい...


この子たちは幸せ(かな?)ですが、引き取れなかった4匹が不憫で里親を探すべくその子達の写真を撮りに行きました。

掛かり付けの動物病院のホームページで里親を募集して頂けるそうです。

とりあえず今はマンションの住民の方が部屋の中で世話をして下さってますが、ペットショップにお願いに行ったり地域新聞に掲載をお願いしたりと懸命に里親を探しておられます。

早く見付かれば良いのですが。

誕生日プレゼント

日が変わってしまいましたが、昨日は次男の誕生日でした。

デュエルマスターズのカードとケースが欲しいと言うので何枚かセットになったヤツを誕生日プレゼントにしました。

何が面白いかちっとも判らないのですが、ゲームはゲームでもコンピュータよりも人相手の方がずっとマシですよね。

それと、彼は今バスケットに夢中になってるので、スラムダンクの単行本第1巻をプレゼントしました。
古本で入手した全巻セットを毎週1巻ずつ与えようと思ってるのですが、面白くて自分が全巻読んでしまいました。

おかげで寝不足(爆

2011年6月14日火曜日

バイクガレージの建築確認申請

本日は倉庫物件の取材がてら、ガレージの現物を確認して参りました。

この類の商品は国内ではイナバ、ヨド、タクボの3社が有名どころですが、何れも広島にはショールームがありません。いろいろ問い合わせると、どこそこのホームセンターの一角に展示しているという情報をちらほらと入手できたので、先ずはヨド物置を展示しているナフコ高陽店へ。

こ、これはガレージじゃないよね。どう見ても倉庫でしょう。


まぁ背の高いガレージだと思えばと気を取り直してシャッターを開けると、文字通り倉庫として使われてました。

外観も中もあか抜けない何の変哲もない倉庫。 シャッターもガラガラガッシャーンのあれです、田舎の農家によくあるやつ。

一応補足ですが、ガレージは倉庫と違いデザイン面への配慮もあるそうです(汗

先行き不安感を抱えつつ、ふと横を見ると、イナバのバイクガレージ発見。

シャッターが色付きになっただけで印象が変わりますね。こちらは横幅1.75mのBOXタイプ。

他に土間タイプがあり、こちらはスロープが不要な代わりに基礎を打つ必要があります。

ここで疑問が出てきました。

今回、車用ガレージはきちんと基礎を打ってガレージを建て、建築確認申請を行います。

一方、バイク用ガレージは、防火・準防火地域外で床面積10㎡以下の建築物なので原則建築確認は不要。

しかし、更地に新築する場合は建築確認申請は必要。

ここでいう更地とは、建物、構築物、工作物などが建っておらず、また、借地権や地役権などの、使用収益を制約する権利のついていない宅地のことを指します。

では、現在駐車場として利用されている土地は賃借権が設定されているので更地には該当しない?

解釈の仕方で如何様にも取れるので、県の建築指導課に確認する必要がありそうです。

複数のメーカーやベンダーにヒアリングしたところ、実際にはバイクガレージの建築確認申請は先ずしない(したことない)そうですが、万一撤去命令が出るとお客様にご迷惑をお掛けする事になるので業として運営する以上きちんとしなければなりません。

今の有力候補はコンテナタイプのカッコイイヤツ。しかし建築確認が必要となると構造計算書等も必要となるので自ずと選択の幅が狭まります。

う~ん…規制に縛られ、思うようなものを提供できないもどかしさ。とにかく一歩一歩進めて行くしか無いですね。


明日はタクボのガレージを見に行ってきます。

2011年6月13日月曜日

家族が増えました

お世話になっている同業者より、子猫の引き取り手が無くて困っているというご相談を頂きました。

今3匹飼ってますが、3匹も4匹も一緒でしょということで現場に行って参りました。


マンションに居付いた野良猫が生んだ子をマンションの住人が世話してました。

最初、私を保健所の人間と勘違いしたらしく、きちんと部屋で飼う(そのマンションは猫飼育可物件)ので大丈夫大丈夫。と追い返そうとされました。

事情をきちんと話すととても嬉しがって、1匹でも2匹でも良いからどうぞ宜しくと。

えぇ?1匹じゃないの?

とケージを見ると、1,2,3.........6匹もおる。


さすがに3匹も9匹も一緒です!  とは言えず、誠に心苦しいのですが最初に見せて頂いた2匹を引き取る事にしました。

残る4匹は取り敢えず住人の方が預るそうですが、もし飼ってもイイよと言う方がいらっしゃったらご連絡下さいね。

しかし、かわいいね。

2011年6月12日日曜日

バイク

バイクガレージを検討してたらバイクが欲しくなってきました。

これまで全くご縁が無かったのですが、2年程前に近所にいかにもマニア向けのバイクショップが出来、通り掛かる度にチラ見してますがなかなか入る勇気が出ません。

大体、何聞いていいか判らないし、そもそも原付免許しか持ってないので(爆

少し落ち着いたら免許取りに行こうかな。

2011年6月11日土曜日

つかの間の休養

本日は大雨の予報だったのでひとつもアポ無し。

ストックしていた物件情報をひたすら入力してアップしようと思ってましたが、このところ休み無しでずっと働き詰めだったので気力がダウン気味で生産性上がらず。

ふと外を見ると晴れてるじゃありませんか。

無性にドライブに行きたくなり、午後からサボって臨時休業して山に走りに行ってました。

どうせ行くのならと、妻から鉢植えの土の廃棄(バケツ5杯分)を仰せつかり、次男からはカブトムシの幼虫用に新しい土と朽木の調達を仰せつかり、椎茸の収穫がてら北広島の貸し森林までひとっ走り。

窓全開で走るとどんどん心が軽くなり、自然に笑みがこぼれてきます。

これが屋根なし車だったら、或いはバイクだったらもっと気持ちイイんでしょうね。

1.5時間程走り目的地に到着。このところの雨で下草が一気に育っててプチジャングル状態。

汗びっしょりになりながら草刈り鎌と鉈と鋸を駆使して一心不乱に刈ること1時間。そこそこ見られる程度にはなりました。

そこに持ってきた土を廃棄し、新しい土を採取し、本日のミッション完了。

そうそう、椎茸はと言うと、収穫は1個だけ。残念。

この時期でも身が切れるほど冷たい湧水で顔と手を洗い、帰り道のコンビニでアイスを買い、のんびり帰って来ました。

たった半日でしたが十分に充電できました。明日からまた頑張ろう。

賃貸ガレージのリクエスト受け付けします

4輪用のガレージを造る(床面積10㎡超の新築の場合)には建築確認が必要。きちんと布基礎を打って強固な構造物にする必要があります。

一方でコンテナボックスをガレージとして利用するケースもあります。コンテナなら新築や増築じゃなくて置いているだけ。容易に移動できるものとして建築確認申請を出さなくても良いという「噂」もありますが、コンテナを提供するベンダーに確認をしても何とも良く判らない回答が返って来るだけ。

結局のところ、自己責任で自宅の敷地に置いて使うというケースならいざ知らず、業として運営するからには法に則りきちんとしたものを堂々と建てて提供すべきだと考えます。

この造成費をどうするかが最大のネックでしたが、某建築会社さんとの提携で賃貸ガレージを提供できる目処が立ったことを報告致します。

想定では4輪を10台程度。2輪を5台程度確保しようとレイアウトを検討中。

4輪は幅×奥行き×高さ=3,000×6,000×2,000mmほどの比較的ゆったりとしたサイズで、中である程度の作業ができます。

各ガレージには電灯とコンセント(できれば200Vも付けたい)と換気口を設け、断熱仕様も検討中。

2輪は幅×奥行き×高さ=1,500×3,000×2,000mmか、上記4輪用の真ん中に仕切りを設けて2台縦列で駐輪できるものにするかを考え中。

何れも床はコンクリートに耐油ペイント仕上げ。埃や油汚れに強い仕様を目指します。

さて、サイズや仕様はまだ流動的なので、もしご要望があればどしどしご意見をお寄せ下さい。

また、設備面やサービス面、費用面のご意見もお待ちしております。

当ブログにコメント頂いても、こちら(info@garagingdays.com)までメール頂いても結構です。

補足ですが、共同トイレや共同シンクも設置できるかどうか検討中です。共同で利用できる休憩スペースなんかもあれば尚良いですが、そうなればシェアガレージのコンセプトと競合してしまいそう。

ロケーション、リリース時期の発表は今しばらくお待ち下さい。

2011年6月10日金曜日

役所仕事

本日は午前中に車検を受け、午後は一旦オフィスに戻って事務処理してから貸ガレージの打ち合わせの予定。

車検は第1ラウンドといって、アサイチの9時ちょい前からのラウンドを予約。

ところが雨模用の天候が災いしてか、それとも五十日のせいか、はたまた朝のTV占いでうお座が最下位だったせいか、激しい渋滞に巻き込まれて1時間の遅刻。

急いで書類を整えてラインに並んだものの、目の前で第1ラウンド終了~

検査員交代で15分待ち。

交代は1分でできるでしょうに。

続く10時半からの第2ラウンドに全てを託します。

さて、概ね順調に進むも、ハイマウントストップランプが点いとらんよ との指摘があり、再検査と相成りました。

分解すると球切れ判明。幸いな事にごく普通の21Wの電球。急いで最も近いイエローハットに向かい、その駐車場で取り付けて見ましたが、あれれ、点かないぞ。

コネクターの接触不良の様で、接点をドライバーで擦ると点くようになりました。

再検査ラインに並んだのが11時40分。目視でOKをもらい、 午前終了の5分前に車検証が交付されました。

ギリでした。

しかしフランス車で助かりました。国産の新しめの車ならハイマウントストップランプと言えばLEDでしょう。これが切れたら対処のしようが有りません。ま、玉切れは無いでしょうけどね。


無事車検を終えたカングーを倉庫に保管し、午後から貸しガレージの打ち合わせ。

非常に良い話になりそうです。追々紹介しますね。

一方で、シェアガレージの方はと言うと、車庫証明と転貸借契約の2点が問題になって後退してます。

車庫証明については、倉庫を複数人でシェアするのは駐車場として認めらず、公安委員会の許可が下りないのではないかとの事。県の公安委員会とのミーティングが必要です。

月極め駐車場のように区画を区切り、各人の割り当てエリアは明確化されているので何ら問題は無いと思いますがね。何が違うんでしょうか。倉庫に車を保管する事も特段おかしな行為じゃないですよね。

また、転貸借契約については解釈の仕方にも拠りますが、単なる転貸ではなく、車・バイクを整備する環境とツール類をサービスとして提供し、その対価を頂くと考える事もできます。

転貸借契約そのものは法律で認められていますし、貸主の承諾のある転貸借は貸主-転借人間でも有効な法律行為です(承諾無き転貸借は解除理由となり得る)。

折角の資産を使わずに放っておくよりも、柔軟に考えて有効活用すれば良いんじゃないですかね。

我が家には3匹の猫が居付いています。何れも拾い猫。

最初の2匹は兄弟で、段ボール箱の中でミーミー鳴いてたところを娘とその友達が見付け、ひと晩だけ家で世話したいと連れて帰って来ました。

ひと晩だけで追い出せるはずもなく紛れもない確信犯です。しょうがないので彼らの世話をすることを条件に飼う事に。

その半年後、その頃掛っていた病院の小屋裏で産み落とされてミーミー鳴いてた赤ちゃん猫を妻が助け出し、やはり連れて帰って来ました。

もうこれ以上はキリが無いので無理やでと釘を刺してこの子も我が家の一員に。

その後、脱走騒ぎや入院騒動などありつつも、大過なく過ごしてきました。


時は流れて昨日のこと。 小学校での用事を終えた帰り道。草むらでミーミー鳴いてた子猫を見付けたと妻。

心を鬼にして連れ帰らなかったものの、どうしても気になると夕方探しに行きました。

子猫はもうそこには居ませんでした。

今朝も早起きして捜索に行き、夕方も雨の降りしきる中、範囲を広げて一緒に見て回りましたが、やはりもう居ませんでした。


場所は小学生の通学路。子供の話では公園に子猫を連れてきた子が居たとか。

妻も朝見回った際に、何処かの家の扉が開いた時に子猫の鳴き声が聞こえたとか。

遅くなったので捜索は断念し帰路に付きました。何処かの誰かに拾ってもらっていることを願いつつ。

2011年6月9日木曜日

待ち伏せ

国家権力への不満ついでに調子に乗ってもうひとつ。


井口電停の北側は一時停止違反の稼ぎ監視場所。

そこを昨日通りがかった際の事。

大体、奥まったところにパトカーや白バイが停まって違反者ウォッチングしてるんですが、昨日西向きに通りがかった時は、自動車教習所前に警官が2名居はりました。

ははん。やってるなと、パンダを確認しようとチラ見しましたが、それらしき車両は影も形も無し。

ん?と思って少し行くと、坂道の上に立って電停付近をウォッチしている若いにいちゃん(警官)発見。

これはいかんやろ。ネズミ捕りやん。

ここは危ないから一時停止しなさいねと注意喚起すべきところ、こっそり隠れて、ハイあんた違反ね。

そりゃないでしょ。

案の定、少し先でスクーターのお兄ちゃんが捕まって文句言ってましたが、判る判る。よ~く判るよあなたの気持ち。


という、不動産会社の地域情報でした。


あんまり書くと公安に古物免許取り上げられるかも知れないのでこの辺りで。

徴税

4月は固定資産税(個人)
5月は自動車税(法人)
6月は市県民税(個人)

過酷な徴税が続きます。ホントきついんですから。

明日は車検なので自動車重量税(法人)の支払いあり。

更に7月は法人税(法人)

ひと息つく暇もありません。

酒税(個人)やたばこ税(個人)は殆ど納めていませんが、揮発油税(法人)は結構納めてますよ。

おまけに消費税(個人)まで上がったら干上がってしまいます。

唯一の救いは、所得税(個人)はめっちゃ少ない事(爆

支払う財布は別々ですが、支払う人は同じなので四六時中搾取されてる感じ。

む~ん

2011年6月8日水曜日

第2ステップ

本日事業計画書を提出して取り敢えずの一区切り。

今後は各社から見積もりを取ってしっかり比較して具体的な資金計画書を作成する作業に取り掛かります。

シェアガレージに関しては物件の下見と内装工事等の見積もりも必要。

貸しガレージはちょっと大きなハードルが出てきましたので鋭意善後策を検討中。

と、バタバタと忙しくなってきました。車の方もカングーの店頭商談が不調に終わり、継続検査(車検)を受けて再出品することにしたので明日整備して明後日車検を受けます。

6月はこんな感じでバタバタモード。

7月は決算書類作成でドタバタモード。ジタバタモードかも知れませんが。

忙しいのはありがたいことですが遊んでる暇が無いのが辛いところです。

果たして7月末のミッドナイトエンデューロに出場できるや否や。

ひとりより

本日は12時間以上PC前に座ってました。

昼食と夕食の2時間だけ休憩し、ず~~~と書類作成。

サラリーマン時代、提案書作成は結構好きな作業でしたが、チームで分担して作成するのでそんなにしんどくは無かったですね。

テクニカルなパートは頼れるブレーンに振ったり、ファイナンスに関するパートは専任の部門に振ったりと、結局自分は取り纏めだけをしていたような気がします。

今は1から100まで全て独りで。

独断で進められるのは良いのだけれど、果たして方向性は正しいのか、見落としは無いのか、もっと良い方法は無いのか、異なる角度から見てくれる誰かが居た方が絶対良いですね。

それに、煮詰まったとき、疲れたとき、気分転換をしたいとき、他愛の無い話をする相手も居ないと言うのはちょっと寂しいものです。

SOHOタイプのレンタルオフィスでも借りようかなと思ってちょっと調べてみましたが結構高いんですね。

貸しガレージを出先オフィスにでもしましょうかね(本末転倒)。

2011年6月6日月曜日

事業計画書

午前中に提携工務店さんと打ち合わせ。

シェアガレージのコンセプトと今後の方向性を共有し、次回ミーティング迄に内装・設備のイメージをしっかり固めた上で現地確認を行い、概算費用を試算して頂くことになりました。


午後からは会計データの精査に会計事務所の担当者がやって来ました。

間違いが出るわ出るわ。いろいろ手直しして頂き取り敢えず体裁は整いました。

来期は自分で帳簿付けるのは恐らく無理です(爆


夕方からビジネスプラン作成に没頭してますが、これが楽しくてしょうがないです。直前の作業が辛くてしょうがない会計処理だった事もあるのでしょうが、やはり前向きなストーリー作りは良いものですね。

さてもうひと踏ん張り。

貸ガレージという事業

以前から問い合わせの多い貸ガレージを事業として始めようと準備しております。

直接お客様からお問合わせ頂くケースが多いのですが、間接的に同業者様から「こんなのないの~?」的な問い合わせも定期的にございます。

広島って意外に無いんですよね。

先の記事のシェアガレージと同時並行で進めるべきか、まだちょっと未確定ですが、賃貸ガレージハウスやシェアガレージと異なり昔からあるモノなので、皆さんがイメージし易い貸しガレージが先行するかも知れません。

貸ガレージと云っても特に変わったものではなく月極めのシャッター付きガレージなんですが、将来に渡ってご利用頂くべく駐車中にEVに充電できるように各ガレージ内に200Vと100Vのコンセントを設けます。

そして、ガレージ内で作業が出来るスペースとして、幅×奥行き×高さ=3.5m×6m×2m程度を確保し、室内灯付きという仕様でリリースしたいと考えてます。

ロフトがあれば休憩スペースとしても収納スペースとして有用ですが、建築コストとの兼ね合いもあるので、明日その辺りを打ち合わせする予定です。

欲を云えば、共有シンクや共有トイレ、前面に1台分の駐車スペースなんかもあれば便利なんでしょうけど、賃料が1Rの部屋と変わらないくらいに上昇しそうなので非現実的。

そう考えると、やはり賃貸ガレージハウスが最も合理的ですね。

2011年6月4日土曜日

シェアガレージという事業

本日は良い天気でした。

こういう日は絶好のドライブ...ではなく撮影日和。

青い空を背景に建物を撮影すると綺麗に写るんですよ。そこそこの物件でも。

逆にどんよりとした曇り空や、雨天なんて最悪。どんなにかっこいい物件でもパッとしないのは腕のせいじゃ無いはず。

と言う訳で、本日は朝から北へ東へ南へ西へ。撮影しまくり。

ひと段落付いたところで、カングーの車検を受けるべく保管倉庫に出向くと、三々五々いつもの面々が集い、車~EV談義であっという間に夕方に。


実は、このような車好きの社交場をもっともっと創りたいと思って物件を探しております。

シェアハウスならぬ、シェアガレージ。

ひとつの倉庫なり工場なりを複数の入居者(車)で借りて、パーティションを立てて緩く区分したスペースがマイガレージとなるイメージ。

共有のガレージジャッキやエアツール、油圧プレス、サンドブラスター、可能なら2柱リフトを設置し、入居者は自由に利用できます。

コンセントやトイレや水道、シャワーなんかもあれば良いですね。

整備中にパーツの欠品や足りない工具が出てきた際は、シェアカーを使って買い出しに行く。

そのシェアカーは地域住民にも開放して利用頂く。


ガレージハウスやシャッター付きガレージ以外にも、こういうガレージライフもアリなんじゃないかと思うのです。

最大のメリットは、既存の使われなくなった建物を上手く活用し、街並みを残しつつ新たな命を吹き込んで再生することができるという点。

何処かに良い物件があればご紹介下さい!

2011年6月3日金曜日

タイミング

当社は不動産の広告は自社WebSiteとGoogle Adwordsのみで、大手ポータルサイトにはほんの一部の物件しか掲載しておりません。

また、車両販売のチャネルも自社WebSiteとYahooオークションに限定しており、大手自動車広告媒体(ポータルサイト及び紙面)への広告は一切行っておりません。

それでも多くのお問合わせを頂いており、不動産や車といった高額商品までも検索エンジンで探す時代になったんだなとつくづく実感します。


さて、本日は車両販売のタイミングに関する話。

Yahooオークションに車両を出品する際は予め終了時間を設定する必要があります。

即決価格に達していない取引きを終了時間前に意図的に終了させる場合は、オークションの早期終了、又は取消しの2つの方法があります。

何れも入札が無い状態ですと効果は同じで、何のペナルティも無くオークションを終了させることが出来ます。

ところが、入札がある状態ですと効果が違ってきます。

早期終了を選ぶと、その時点の最高額の入札者が自動的に落札者となり取引が確定します。

取消しを選ぶと、入札があったとしても出品が無かった事になり取引は確定しません(取消しペナルティとして出品者がYahooに525円を支払わなければなりません。このルールも疑義がありますが...)。


本日出品期間最終日の車両がございましたが、店頭での商談が進んでおりましたのでご入札を頂いていたにも拘わらず泣く泣く出品を取り消す事態になってしまいました。

オークションの説明文には店頭での商談優先の旨を記載してはいますが、何とも申し訳無い限りです。

一応、本オークションでは即決価格を設定(店頭の販売価格と同一)しており、何としても手に入れたい場合は即決ボタンを押して頂くことで取引が確定します。

出来るだけコストを抑えたい場合はオークションに参加頂く事で格安でご購入頂くことが出来るかも知れません。

タイミングが難しい訳ですが、それがオークションの醍醐味ですよね。


しかし、取消し料をYahooが徴収するのはおかしいんじゃないでしょうか。

迷惑料として取消し時の最高額入札者に一定額を支払うのが本筋ではないかと思うのですが。

何れにしてもサイト運営者が儲かる仕組みを創ったのだからそれに従うしか無いですね。

運動会

かれこれ11回目の小学校運動会。

今年は梅雨入りが早過ぎて土→日→水→木と順延に次ぐ順延で最終の予備日の本日やっとのことで開催。

午前中に次男が出場する2本のプログラムを観戦し、自宅に戻ったところ雷雨中断→午後のプログラム順延となったそうです。

で、明日金曜日の午前中に時間を割いて運動会の続きをするそうな。

もうええんちゃう?

でも、一生懸命練習した子供の気持ちも酌んであげないといけないと思う一方で、モンペ(モンスターペアレント)対策かなと穿った見方をしたりして。

2011年6月2日木曜日

facebookのビジネス利用

facebookが面白くなってtwitterでのつぶやきが激減。

もともと独り言は多い方ではありませんが、最近は1週間に1つぶやきペースになってます。

かといってfacebookにガンガン投稿している訳でもなく、せいぜい1日に1枚写真をアップするくらい。

あまり書き過ぎるとブログネタが無くなってしまうので...

そのブログの方は1日1本の記事をアップする習慣が付いてきました。

先月は32本。大した内容ではありませんが、継続は力なり。何の力になるかは追々判るでしょう。  か?


継続と云えば、ランニングも雨の日以外は毎日5km走ってます。

これも最初はしんどかったのが、ずいぶんと楽になりましたね。徐々に耐性が付いてきたのでそろそろ10km走ろうかな。


という訳でえらく脱線してしまいましたが、今後はfacebookをビジネスに活用すべくまじめに勉強してみようと思ってます。

ビジネスと云っても商材の宣伝とかではなく、社外の関係者間のプロジェクト進捗報告や情報共有、各種イベント情報発信といったもの。グループ機能を活用してグループウェア的な使い方が出来れば面白そうですね。

スケジュール管理はGoogle Appsを利用するとかすると何とか出来そうな気がします。

セールス

日が変わってしまいましたが、6月最初の投稿です。

ここにきて、車の買い取り依頼がずいぶんと増えて参りました。

これはこれで大変有難い事なのですが、自分の守備範囲を大きく逸脱するものも含まれておりますので、都度詳しそうな人に聞いたり、ググって調べたり、ご本人様に直接教えを乞うこともあります。

知らないことは知らないと率直に聞くのですが、ふと車屋としてそんなに知らないことが多かったのかと愕然とすることもしばしば。

たかだか25年程のドライバー経験で語れる車はほんの一握りしかございません。

しかし、自分で買って所有して弄った車なのでそれは「生きている」経験です。

セールスという職業は、自分が見たことも触ったことも所有したことも無いモノ・サービスを如何にして売るかという仕事。

そのテクニック・ノウハウは各種出版物に活字として纏められてますし、職場の上司や先輩にOJTを通じて、あるいはロープレで叩き込まれるもの。

しかしそうしたスキル面も然ることながら、自身の経験からにじみ出てくる真実味のある言葉こそが最も顧客の心を動かすのではないでしょうか。

そういう意味では、一般的に人生でそう何度も所有することが無いであろう商材、例えば高級輸入車やヨット、不動産等の営業マンはどうやって売っているのだろうといつも不思議に思ってます。

私自身、車も住宅もセールスとしてはまだまだひよっこですが、ユーザーとしての経験はどちらもそこそこ積んでいると自負してます。

それでも知らないことは本当に多いですね。日々勉強です。