2011年5月19日木曜日

価値

宅建協会に入会すると、宅建協会新規入会者向け不動産総合コースなる通信教育を受講させられます(強制)。

受講料1万円也。

このコースは、宅地建物取引業を始める上で最低限必要な業務知識の習得と、業者の倫理感及び資質の向上を目的とするという、極めて高尚な理念のもとに履修を義務付けられたもの。

8月に入会してからというもの、会社の立ち上げと日常業務に追われ、ずっと手付かずだったのですが、先日、3ヶ月以内に提出せよとの催告の手紙が届きました。

そんなものがあることすらすっかり忘れてた私は倫理も資質も無いなとひとしきり反省し、本日着手してみたところ、なんですかこれ、宅建試験のテキスト? とっても実務的な内容で非常に為になりました。


途中で飽きちゃったので近所の家電量販店にデジイチを見に行きました。

気に入ったもので値段も手頃なら買っても良いかなというノリでしたが、いまいちピンと来ない。

一応店員さんと価格交渉してみるもノリ悪し。

こっちは大事な勉強を抜け出してわざわざ来たんだからもっと勉強して下さいよ。


しかし、デジイチって数年前からそんなに進化していないんですね。画素数が上がったり、ライブビュー機能が付いたり、動画撮影が出来るようになったりはしてますが、多少のスペックアップと少しの付加価値が付いた程度。

工業製品としては既に完成の域に達してるのでそんなもんなんでしょうか。

一方、iPad2も触ってみましたが、こっちの方が購買意欲が湧きましたね。これこそただのスペックアップと思いきや、予想外に軽くなってて手に馴染みます。道具としての進化を感じました。


さて、デジイチに話を戻しまして、触手が動かない程度の最新モデルなら、ひと世代前の中古で良いやと思いヤフオクを物色中。

ニコンのD90あたりをウォッチリストに沢山入れて落札相場をウォッチ中です。





求めるモノ、サービスは投資に見合う価値を有しているのか。

翻って自身の事業はどうか。顧客満足度を常に意識し、改善していかねば。

0 件のコメント:

コメントを投稿