2011年4月14日木曜日

オークション

Yahooオークションに馴染み深い方は多くいらっしゃるかと思いますし私自身も日頃からお世話になってますが、今回は自動車の業者オークションの話です。

業者オークションと云えば巨大なオークション会場に出向いてひっきりなしに流れてくる車を見て入札ボタンを押しまくるものだというイメージがありますが、現代ではPCサイトでお目当ての車を見付け、オークション会場にて検査された査定票と数点の粗い画像を見ながらポチっと押すことで簡単にオークションに参加することができます。


以前から気になってた車が出品されてたので、実は今回初めて業者オークションに参加しました。

インターネットオークションの場合、通常は予算の上限額を入力して入札ボタンを押すだけ。

現場での競り合いが無い分、少々予算オーバーでも「いっとこ」という判断が出来ませんが、一方でやたらと熱くなって利益が出ない程の値で落札してしまったという大失敗もありません。

査定票を睨みつけ、過去の落札相場をじっくり分析し、会場の特性をも勘案し、競合の有無を予想し、お客様若しくは自身の財布と相談しながら目標額を設定してエイヤと入札する訳ですが、今回は敢え無く撃沈。

自分の入札額より15%も高く落札されてしまいました。

つまり、全くなってないってことです。こんなことでは商売出来ない訳ですが、こればかりは経験を重ねて相場観を養わないといけないですね。


と考えててふと思ったのですが、賃貸住宅にもオークションの考えを取り入てみては如何でしょうか。

以前、新築の賃貸ガレージハウスの家賃を入居者が入札方式で決めるというものを見掛けたことがあります。

最低賃料を設定し、一定の応札期間中に入居希望者がこれなら入居してもイイという家賃を札入れする訳です。

尤も、そりゃ人気物件だからこそ出来るんじゃないかと言われかねませんが、不人気物件でも何ヶ月も何年も空室のままにするよりは、期間限定でオークションで出したら意外と入居者が決まるかも知れませんよ。


例えば、半年以上空室期間が続いている家賃6万円のシングル向け物件があったとします。

このまま手を拱いて更に半年空室状態のまま過ごすと家賃収入はゼロ。

思い切って最低落札家賃を3万円に設定し、一定の応札期間をおいて入居希望者に入札してもらい、うまい具合に複数の応札があれば5万円で決まることもあるでしょうし、ひとりしか応札がなく3万円で決まることもあるでしょう。

それでもゼロよりは多いですし、何より話題作りに事欠きません。

クチコミで評判が広がれば人気物件になったりしませんかね?


~オークション物件 通常家賃6万円が最大50%ディスカウントの3万円で入居できるチャンス!~
・入札期間は平成23年5月1日から5月15日まで
・定期借家契約(期間2年)
・落札者は2週間以内に決済を完了し入居すること
・事前見学大歓迎
・ノークレーム/ノーリターン(笑




高級ホテルでもオフシーズンの空室対策で期間限定パックと称してディスカウントする時代。

ワケあり部屋とかのキャッチでお得感を前面に出し、遊び心を加えることが肝要です。

空室でお悩みのオーナーさん、チャレンジしてみませんか?

0 件のコメント:

コメントを投稿