2011年3月18日金曜日

PC

iPadを購入してからというもの、B5サイズのモバイルノートを殆ど使わなくなりました。

それまでは外に持ち出したりしてたのですが、最近は専らオフィス内のBGMとしてiTunesのインターネットラジオを流すのみ。

メインPCに万一の事があった際のバックアップ機として使おうにも、業務アプリを動かすにはスペック的に厳しく、断念。

データを複製してデータバックアップ機としても使えますが、これもDropBoxを使い始めてから全く必要性を感じません。

当時25万円程したと記憶してます。
因みに、メインPCは中古で7万円。

コア数2倍、クロック数2.5倍、ディスク容量11倍、メモリー容量16倍なのに、帳簿上は資産計上すらされず消耗品扱い。  

これが技術の進歩というもの。


しかし慣れとは恐ろしく、買った当初は大きく思えた16インチのディスプレイも、今は23インチの拡張モニターを接続してデイトレーダーの如く2画面で作業してますがそれでも追い付かない。

幸いなことにDBは全然重く無いのでサクサク動くしディスク容量も食わないのですが、入力作業では元データと業務アプリ画面を表示させ、随時画像データとGoogle MapとMailとスケジュールタブを切り替えながら作業しているので50インチくらいのでかいモニターが欲しいのです。


その前に地デジ化しないとね(未だブラウン管TV)。

0 件のコメント:

コメントを投稿