2011年2月20日日曜日

プロ

先日とても残念なことがありました。

2週間ほど前にお客様からちょっと古い車の塗装をご依頼頂き、いつもお願いしているボディショップに外注したのです。

昨日出来上がったとのことでお客様と一緒に車を受け取りに行きました。

その時は嬉しさのあまり細かくは確認せず帰ったのですが、落ち着いてよ~く見てみると至る所にムラ、歪み、スクラッチがあります。クオリティの低さに愕然としました。

そのショップは以前社用車のルーフを塗装してもらった際の仕上がりが非常に高い品質であったので、自信を持ってお客様に勧めたのですが今回は全く違う出来具合。

一体誰が作業したの?と首をかしげる程のものでした。

信頼していただけにショックでした。
お客様にも本当に申し訳無くて。。。

要求水準を超えて初めてプロと言えるものですが、今回はその真逆。

自分自身のアウトプットも然るとこながら、外注する場合もその責任は自分にあります。

きちんと手直しをするよう要求しますが、もっとシビアに見極める目を持ち、依頼する際のゴールを明確にしておけばこうした事態を未然に防げたのかも知れません。

反省しきりです。

0 件のコメント:

コメントを投稿