2011年1月24日月曜日

妄想と構想

本日はひろしま男子駅伝の日でした。

都道府県対抗なので平和大通りはこんな感じで大賑わい。

そんな中で物件の内見と取材で市内を行ったり来たり。

幸いにも交通規制には引っ掛かりませんでしたが、逆に引っ掛かってトップランナーの走りを見てみたかったなぁ。

きっと僕がダッシュする時のスピードをずっとキープして走ってるんでしょうね。

駅伝はチームスポーツ。総合力に優るチームが優勝する。ひとりが突出しててもダメ。ひとりがブレーキになればダメ。

箱根駅伝をTVで観戦したときにも思いましたが、これは自動車や自転車の耐久レースと同じなんですね。

チーム戦では個人が100%以上の力を出し切るのはリスクを伴います。
何故なら、故障や、オーバーペースに拠る疲労の可能性が高まるから。

次の人にタスキを繋げるのが使命なのです。

それはストレスを伴いますが、皆が持てる力を十分に発揮してゴールしたときの感激も人数分。

今年も真夏の夜の自転車耐久レース、ミッドナイトエンデューロに出ますよ。
出来ることなら車でも鈴鹿サーキットで開催される耐久レースに出たいな。

そして冬はフルマラソン。

と、妄想は広がりますが、構想が全然練れてません。

0 件のコメント:

コメントを投稿