2010年11月22日月曜日

役割

はぁ

広島市内に賃貸物件っていくつあるのでしょう。

なんぼでも出てきます。弊社で紹介できる物件か否か一つ一つ精査してますがキリがないです。

そう言いつつも、webサイトに公開できる物件についてはひとまず今月一杯で区切りが付きそうです。来月からは一般公開していない物件についても調査して参ります。

広く公開は出来ないものの、個別に案内することは可能なので、会員制度を導入してご登録頂いた会員さん向けに非公開物件も併せて紹介するような仕組みを考えてます。

もっと踏み込んで、ご希望条件に合う物件だけを公開非公開を問わず閲覧できる「あなた向けページ」を作ろうとも思ってます。

忙しいあなたに代わり、膨大な数の物件からご希望に最もマッチするものを選び出して提案する。
あなたのコンシェルジュですね。

アメリカではこの様な動きをする不動産会社をバイヤーズエージェントと呼びます。

弊社が目指す方向としてはこちらなんですが、一方で大家さん側に立って値付けやリフォームプラン等をアドバイスして入居率アップを促進するコンサルティング的な仕事も面白そうですね。

要はどちらに感謝されるかですが、やはりどちらにも喜んで頂きたいのが本音です。


よくよく考えると、お客様の要望を代弁するバイヤーズエージェントは現場の生の声をしっかりと聞いてます。それを大家さんにフィードバックしてあげることによって、ありきたりなリフォームに留まらず真に入居者の喜ぶ設備・サービスを提供できて入居率のアップにも繋がるんじゃないかと思うのですが、そんなことは皆さん昔から当たり前のようにしてきたはず。

なのに何故に中途半端なリフォームが繰り返されるのでしょう。

最近では頼りにならない不動産屋任せにせずに、大家さん自らが立ち上がり自身の物件に手を加え入居希望者向けに直接情報発信する事例が増えてます。

我々は自らの役割を自覚して行動しなければなりませんね。

0 件のコメント:

コメントを投稿