2010年7月29日木曜日

リフォーム/リノベーション/コンバージョン

ここ広島では首都圏に比べ賃貸ガレージハウスの展開が遅れてます。

良質なガレージハウスを供給するには当然ながら新築で建てるのが最善な方法ですが、先ずは土地オーナーさんに賃貸ガレージハウスを認知して頂くための啓蒙活動から始まり、賃貸事業企画の立案、資金調達、建築、入居者募集というステップを踏まなければなりません。

王道ですが莫大な資金と時間が掛かる訳ですね。

もっと手っ取り早く提供するには、既存の掘り込み車庫付き住宅をリフォームしたり、或いは戸建住宅の1Fをガレージに変更するリノベーションという方法がございます。

古いアパートの1F部分を全てガレージに変更し、メゾネットタイプの賃貸ガレージハウスとして貸し出すというのも大がかりなリノベーションですね。

更には、全く異なる目的で建築された建物をガレージハウスに用途変更する「コンバージョン」という手法もあります。

例えば倉庫。

倉庫に住むって考えただけでもワクワクしませんか?

港にあるレンガ造りの古い倉庫を一部改装してレストランやカジュアルファッション店を営むなんてのは良くありがちですが、これもお客様にワクワク感を与えたり、スタイリッシュな購買行動を演出するのに一役買ってますね。

倉庫の持つ一種退廃的な雰囲気と機能美、怪しげな香り、異国情緒といった、非日常的な空間が醸し出すものに人は憧れるんでしょうね。

しかし、住むとなると非日常的な空間で日常を過ごす訳なので少しばかり不便なことはあります。

学区がどうだとか、買い物に不便だとか、治安が不安とか、確かに家族持ちの生活者の視点で見ると全然向いてませんし、居住空間としての性能・機能なんてものも期待しちゃいけません。

倉庫に愛車を滑り込ませ無造作に停め、巨大なシャッターを下ろし、ベッドに倒れ込む。

地上15mの天井にセットされたスポットライトに照らされて佇む愛車を眺め一日の疲れを癒す。

そういうストイックなライフスタイルに拘る方限定です。

なんかゴルゴ13か松田優作かメル・ギブソン(いずれも古っ)になった気分♪


単に新築でガレージハウスを提供するよりも面白そうです。

法令・条例・指導要綱等々のハードルはありますが、この方向性も模索中です。

0 件のコメント:

コメントを投稿