2010年7月31日土曜日

スペシャルショップ

Clio V6は購入時からエアコンの効きがイマイチ。

この車はミッドシップレイアウトを採用している関係でコンプレッサーも後ろに搭載されてます。

従ってエアコンの配管が通常の車より長いため、ガス漏れの確立が高くなるわけです。

これは、RRレイアウトを採用したポルシェも然り。

さらには熱を発する物体(エンジン)が室内に搭載されているため、エアコンが効かなければ今年の夏は間違いなく熱中症になります。

そこで以前お世話になった森電機さんに行って来ました。

こちらは東広島にある電装系のスペシャルショップ。

輸入車にも強く、的確で無駄な作業はしないのでコストもリーズナブル。

今回はガスが減っていたのでとりあえず2缶分チャージし、漏れの箇所を特定するため蛍光剤を投入して様子見です。


有意義なガレージライフを送るには、このようなスペシャルショップとのネットワークが重要になります。

賃貸ガレージハウスを提供すると同時にその近所のスペシャルショップも併せて紹介できるようにネットワーク化を進めて行きたいと思います。

2010年7月29日木曜日

リフォーム/リノベーション/コンバージョン

ここ広島では首都圏に比べ賃貸ガレージハウスの展開が遅れてます。

良質なガレージハウスを供給するには当然ながら新築で建てるのが最善な方法ですが、先ずは土地オーナーさんに賃貸ガレージハウスを認知して頂くための啓蒙活動から始まり、賃貸事業企画の立案、資金調達、建築、入居者募集というステップを踏まなければなりません。

王道ですが莫大な資金と時間が掛かる訳ですね。

もっと手っ取り早く提供するには、既存の掘り込み車庫付き住宅をリフォームしたり、或いは戸建住宅の1Fをガレージに変更するリノベーションという方法がございます。

古いアパートの1F部分を全てガレージに変更し、メゾネットタイプの賃貸ガレージハウスとして貸し出すというのも大がかりなリノベーションですね。

更には、全く異なる目的で建築された建物をガレージハウスに用途変更する「コンバージョン」という手法もあります。

例えば倉庫。

倉庫に住むって考えただけでもワクワクしませんか?

港にあるレンガ造りの古い倉庫を一部改装してレストランやカジュアルファッション店を営むなんてのは良くありがちですが、これもお客様にワクワク感を与えたり、スタイリッシュな購買行動を演出するのに一役買ってますね。

倉庫の持つ一種退廃的な雰囲気と機能美、怪しげな香り、異国情緒といった、非日常的な空間が醸し出すものに人は憧れるんでしょうね。

しかし、住むとなると非日常的な空間で日常を過ごす訳なので少しばかり不便なことはあります。

学区がどうだとか、買い物に不便だとか、治安が不安とか、確かに家族持ちの生活者の視点で見ると全然向いてませんし、居住空間としての性能・機能なんてものも期待しちゃいけません。

倉庫に愛車を滑り込ませ無造作に停め、巨大なシャッターを下ろし、ベッドに倒れ込む。

地上15mの天井にセットされたスポットライトに照らされて佇む愛車を眺め一日の疲れを癒す。

そういうストイックなライフスタイルに拘る方限定です。

なんかゴルゴ13か松田優作かメル・ギブソン(いずれも古っ)になった気分♪


単に新築でガレージハウスを提供するよりも面白そうです。

法令・条例・指導要綱等々のハードルはありますが、この方向性も模索中です。

2010年7月27日火曜日

チームプレイ

自営業をやると決めた時から、煙草を辞め、食事を制限し、アルコールを控え(もともと飲めませんけど)、体力作りに精を出してきました。

昨年10月にはシティマラソン福岡(ハーフマラソン)に初出場し完走。
今年1月にもF1ロードマラソン(ハーフマラソン)に出場し完走。

さすがに毎日はできませんが週末にはずっと5~10kmを走り込んでました。

自営するということは、身体が第一の資本となる訳で、少々の負荷にも耐えられるよう体力と精神力を養うことを目的に、一人黙々とトレーニングしていました。


今回のミッドナイトエンデューロ出場は少し意味合いが違い、純粋に楽しむために参加したのですが、これがめちゃめちゃ面白くて嵌りました。

しかも、チーム運営、モチベーションの向上と維持、戦略と戦術、柔軟な組織運営等々、会社組織を運営する上で共通することが多いですね。

一人で出来ることは限られますが、チームとして一致団結すれば思いがけない力を発揮するものです。

まだ我が社は組織なんてものは無いのですが、いつか事業を拡大して従業員を雇うことが出来るようになれば、会社でミッドナイトエンデューロに参加したいですね。

但し、その時は土日月と3連休になりますが(笑

2010年7月24日土曜日

連休

明日明後日と臨時休業して岡山国際サーキットで開催されるミッドナイトエンデューロという自転車耐久レースに参加します。

20時にスタートして6時ゴール。10時間のトランスポンダーリレー耐久です。

我がチームは6名。各自3周をノルマとして何順回るのかな?

ざっくり計算すると2時間に一度自分の番が回ってきて、30分間全力で走り、次の走者にバトンタッチという感じです。

待ち時間の間は寝たり食ったりわいわいしゃべったり(飲んではいけません)。

昨年3位に入賞したETCC90分リレー耐久に続き、クラス入賞できるかも

なんてことは全く考えてないです。

2010年7月22日木曜日

資金調達

事業を興し継続するには設備資金と運転資金が必要ですが、全て自己資金で賄えない場合は外部からお金を調達する必要があります。

資金調達方法としては、親族や友人知人からの借り入れ、金融機関からの融資やマーケットからの調達といった選択肢がありますが、今回IT投資を実施するに当たり金融機関から借り入れを行うことにしました。

IT化のゴールは営業支援&商品管理システムの導入とHPとの連動。勿論それによる売上の増大とコスト削減が最終目的であることは言うまでもありません。

HPを通じた集客の仕組みと、顧客管理システム及び不動産物件管理システムとの連携による121マーケティングを、極限まで自動化できる仕組みを構築する予定です。

しかしながら、起業したての当社が導入するには少々高機能=高価故に、投資対効果を慎重に見極めてました。


一般に不動産屋が打つ広告で真っ先に思い浮かぶのは新聞に折り込まれたチラシですよね。

この折込チラシ広告のコストは部数により前後しますが、数万部単位だと印刷代込みで約3円/枚です。

広島の有力地方紙である中国新聞の発行部数は広島県内で61万部。広島市内に限定すると28万部です。

つまり、広島市在住の中国新聞を取ってる全世帯向けに月1回の広告を打つ場合、80万円前後掛かる訳ですね。

更に、チラシ広告を打つということは反響を期待している訳なので、それに対応できるだけの人員も必要です。


これが旧来の典型的な不動産営業方法でして、表現は悪いですが仕掛けて反響待ちして人海戦術で喰い尽すやりかた。

知名度も体制も無い当社が同じような事をやっても、それこそ費用対効果は殆ど無いでしょう。
そもそもそんなコスト負担に耐えられません。

当社は、システム化による短期的なキャッシュフローの悪化を融資で繋ぎ、中長期的なROIを高めて旧来型の手法に対抗することにしました。

本日早速金融機関の担当者から連絡を頂き、先ずは受け付けて頂けることになりました。

後日、創業計画書の確認及び面接を経て融資の可否が判断されることとなります。

2010年7月21日水曜日

オフィスチェア

本日は本来は休みなのですが、今週末は土日にかけてミッドナイトエンデューロという自転車耐久レースに出場するので振替勤務にしました。

リフォーム業者が2社下見に来られ、その間に登記簿謄本を取り、複合機のインクカートリッジを購入し、融資申し込み書類を書き上げたり、荷物を発送したりと、出たり入ったりの一日でした。

何でも自分一人でやらないといけないので大変ですが、前職でも広島支店を立ち上げた頃はSOHOから始めたので特に違和感はありません。


話は変わりますが、法人用と個人用で価格の違うものって結構ありますよね。

電話の基本料然り、銀行口座の振込手数料や口座維持費用然り、自分で手続きして初めて知ることも多いです。

そしてオフィス家具も高いですよね。

オフィスではコクヨ製のオフィスチェアを使ってます。

もらいものなので幾らか全く知らなかったのですが、調べると定価7万円程します。

このチェアは全部で4脚あるのですが、飼い猫が爪を研ぐので表面はボロボロ。中のウレタンも露出している有り様。

コクヨに補修用のクロスの値段を聴いてびっくりしました。

なんと、1脚当たり約17,500円! 座面と背もたれの生地がですよ。

4脚で70,000円。


値引きも無し(そりゃそうでしょ)なので2脚分だけ張り替えました。

2010年7月20日火曜日

リフォーム

オフィスとして使ってるガレージの真上は寝室になってるのですが、その北と西の壁面にテニスボール大の黒いシミが目立ってくるようになりました。

最初は子供がボールを当てた跡かな くらいにしか思ってなかったのですが、梅雨の期間中にみるみる増殖してまだら模様になってしまいました。

ご近所からも、どうしたん? と心配される始末。


あまりにもカッコ悪いので外壁を塗装してもらおうと建築業者を呼んで下見をして頂きました。

が、こんなの初めて見たとのことで、原因が判らない模様。

あらためて外壁専門の業者を呼んで下見をするとの事でしたが、いずれにせよ塗り直すしかないとの事。

どうも腑に落ちないので、複数の塗装専門業者に相見積もりをお願いすることにしました。

早速一社が下見に来られ、やはり初めて見るケースだと言います。

推測するに、サイディングボードの塗装品質(ロット不良)か施工方法(シーリング不良)に問題があるのではないかとの見解でした。

築8年目で同時期に同社で建築した並びの家の壁面は全く劣化してません。

サイディングボードのメーカーと製造時期、施工方法の検証、シミが発生した原因究明をしたうえで、折角なので最近注目の遮熱塗料を塗ってみようかと考えてます。

今後、仕事でリフォームを依頼するケースも多々あるかと思いますので、高い授業料となりますがしっかりと勉強したいと思います。

2010年7月19日月曜日

インターフェース

iPhone4の通信不良問題が話題に上ってますが、ヒューマンインターフェースの開発に関してはApple社の右に出るメーカーは無いのではないでしょうか。

日本の携帯電話のマニュアル、最後まで読んだ方いらっしゃいますか?

iPhoneなんかマニュアル冊子無しですよ。

いさぎ良いというか割り切ってるというか、インターフェースに自信があるんでしょうね。

毎日使うものだからインターフェースは極めて重要です。

しかしながら、このようにBlogを更新したり、もっと長文を書く際はどうしてもキーボードが手放せません。

iPhoneでは3行以上書く気がしませんね。

キーボードを超える使い勝手の良い文字入力デバイスの登場は一体いつになるのでしょう?


ところで、インターフェースは車でも重要なファクターです。

運転中四六時中視界に入って触れているステアリングなんか最たるもので、折角の良い車もステアリング表皮の感触、グリップの太さ、硬さ、デザインが気に入らなければドライバーズシートに座った瞬間に萎えてしまいます。

現在商品化中のClio V6に限らずルノー ルーテシア ルノースポール(RS)系のステアリングはスェード調加工が施されたグリップでして、新車の頃はそれはもうしっとりとする手触りなのですが、3~4年もするとほぼ100%表皮が剥がれきて、それはもう見るも無残な状態になってます。

触れる度に剥がれた表皮がボロボロと落ちてくるステアリングなんか握りたくないですよね。

という訳で、うちの車も走らせると楽しいのですが、ステアリングを握るのが厭なので殆ど乗ってません。

実は新品のmomo製ステアリングを入手済みなのですが、個人輸入したボスが未だ届いてないので交換できないのです。

発注してからそろそろ2週間。小物なので1週間程度で来ると読んでましたが甘かったです。

やはり個人輸入は時間リスクを考慮しておかないといけませんね。

2010年7月16日金曜日

One Stop

本日は朝から法人設立届出書を各税務窓口に提出。

西税務署に行って、区役所の課税窓口に行って、県税事務所と3箇所を回りました。

国、県、市とそれぞれ役割が違うのは理解できますが、提出する側としては面倒です。


ワンストップで出来ないものですかね。


 尚、先の記事にも書いた通り許認可には数週間もの時間がかかりますが、税関係の届出は一瞬でした(笑


その後、法人用銀行口座を作って午前の業務終了。



午後からカーショップにて先日仕入れたClio V6のフロントタイヤ交換。

既に生産中止のヨコハマ Neova(AD07)を格安で入手したまでは良かったものの、製造年が2008年と若干古く、在庫の残りを掴まされたのかも知れません。

タイヤメーカーでは、保存状態にも拠りますが生産から5年間(使用開始からではありませんのでご注意)は新品と同じ状態と謳っているので信じましょう。

因みに、このショップのデモカーは全て台湾製のNANKANを履いてました。

235/30R20もラインナップされてて驚きました。

サーキット向けのスポーツタイヤも韓流タイヤが幅を利かせるようになってます。

アジア系が台頭しつつあるのを実感しました。何せ安いもんね。


家に帰ったら妻から電話があり、Kangoo(うちのファミリーカー)がまた止まったとのこと。

幸い近所だったので歩いてレスキューに向かい、シフトレバーをパーキングに入れ直してキーをひねると何事も無くかかりました。

こちらもOne Stopか。

ここ2週間でエンストが2回発生した(恐らくTDCセンサーコネクタの接触不良)ので週末にディーラーに入庫予定です。

2010年7月15日木曜日

顧問契約

本日は税理士さんと面会し、税務関係の届出書類を受け取りました。

こちらの事務所では士業ネットワークを主催しており、税務面のみならず労務面や法務面の総合的なサポートをリーズナブルな料金で請け負えることが売りとの事。

創業したばかりで営業以外の分野でのノウハウやスキルの蓄積の無い我々にとっては非常に有り難いサービスです。

先の記事でも述べたように、営業開始はもう少し先なので今すぐには必要ありませんが、近い将来お世話になりたいと思います。

2010年7月13日火曜日

会計

明後日に税理士さんと面談する予定があるので、あまり縁の無かった経理・会計について猛勉強中です。

これまでも個人で古物商をしていたため白色申告をしたことは有りますが、これはもう殆ど申告したもん勝ちの世界で、どんぶり勘定も良いとこです。

税務署の調査が入っても安心なようにフリーソフトを使って勘定科目をきちんと分けて整理してましたが、プロから見るといい加減なもんでしょうね。


さて、その税理士さんと顧問契約を結んだ場合、概ね20,000円~30,000円/月と決算時120,000円~150,000円の顧問料が発生します。

いきなりこの出費は痛いので、出来る限り自分でやって行こうとは思ってますが、本日設立準備段階から今までの仕訳をしてみたところ、なんとなくやっていけそうな気がしてきました。

売上げが発生していない現状では、仕訳項目も少ないため当然と云えばその通りですが、もう少し勉強して税理士さんに相談してみます。

2010年7月12日月曜日

待機期間

本日は朝から各種許認可申請の日。

先ずは広島県宅建協会にて入会案内を受けて申込書を受け取り、広島県西武建設事務所に宅建業免許申請書を提出。

その場で申請書類の確認が始まり、都合1時間程かかりましたが無事受理されました。

免許交付まで調査等々で40日程度必要との事。

調査が完了したら通知のはがきが届くそうで、それを持って保証協会に申込書を提出し供託を行う訳ですが、これも最短で2週間程かかります。

以上、営業開始は最短で9月中旬です。こればかりは待つしかないですね。


続いて西警察に移動して法人としての古物商許可申請を行いました。

個人から法人なりしても古物許可は再取得しなければならず、その際は個人の古物商許可証は返納することになります。

更には将来法人を廃業して再度個人で古物商を営む場合もあらためて古物許可を取得しなければならないそうで、その都度19,000円の証紙が必要となります。

ルールはルールとして受け止めないといけません。

話が脱線しましたが、これも調査等々があって許可が下りるまで40日かかります。


以上、別の監督官庁で奇しくも同じ40日間の調査・審査期間が必要と云うことでしたが、一体どのようなプロセスを経て実施されるのでしょう。



それまでの間は会社として何の営業活動も出来ないので、しばらくは売上高ゼロの状態が続くのでした。

一応、個人の古物免許は有効なのでこれを使って細々とやって参りますが、HPを公開できないのは辛いですね。

2010年7月11日日曜日

日曜大工

朝から雨が降ったりやんだりの梅雨らしい天気でした。

数日前に届いたホームページビルダーをやっと開梱してホームページ造りにチャレンジしてましたが、途中で飽きたので日曜大工に精を出しました。

OSBの端材を活用して壁一面を収納棚にしました。

OSBは、よく内装で使われる石膏ボードと異なり、直接木ねじで棚やフックを取り付けられるし、少々間違えて穴を開けてしまっても目立たない点が優れた素材です。

木の香りもするし断熱性も高そうなので内装材としてもっと活用されても良いと思います。

ただ、スライスしたウッドチップを接着剤で張り合わせた合板なので、接着剤に環境物質が含まれていないか心配が残ります。

最近はこのあたりの基準も厳格化しているらしく、基本的には人体に影響が無いものが多いようですが、OSBを貼って1週間くらいは接着剤らしき匂いがガレージ内に充満してました。


AlfaRomeo75から取り外したシリンダヘッド上のプラグコードカバーをオブジェとして取り付けてみました。





ついでに在庫車のキーを一列に吊り下げてみました。

少しずつですがショールーム的な感じになってきたかな。

2010年7月10日土曜日

商品化

仕入れた車の商品化を急いでます。

梅雨の合間にドアトリムの塗装。

ルーテシアのRS系(Renault Sportというスポーティバージョン)の内装にはアルミ風パネルに透明なラバーをコーティングして高級感を出そうとしてる(このフランス人のセンスが理 解できません)パーツが使われてますが、漏れなく経年劣化でラバーがネバネバベタベタしてきます。


これはもうお約束で防ぎようが無いですね。


対策としてはラバーをそぎ落とすか、ケミカルで丁寧にネバネバを取り除く方法がありますが、大多数の方は放置プレーだと思います。実際かつて所有して他頃の私もそうでした。

しかし、商品化するに当たってはやはり綺麗にして気持ち良く乗って頂きたいものです。

そこで、オリジナルのプラスティックパネルの色に近いブルーで塗装しました。

塗装作業は苦手でしたが、最近は慣れてきたせいもあって納得のいく仕上がりになりました。


その後、リアガラスのステッカーを剥がし、ガラスコーティングを施して今日の作業は終了。

残る作業はタイヤ交換とステアリング交換と油脂類全交換。

一通り終わったら洗車&ワックス掛けして撮影に入ります。


月に2~3台回さないといけないので2週間に1台ペースで売るには手を掛け過ぎず効率良く販売しなければなりませんが、やはり思い入れのある車ばかりなのでどうしてもベストな状態で乗って頂きたいと思ってます。

車好きが車屋を経営するには割り切りが必要なんでしょうけど。。。

2010年7月9日金曜日

予定は未定

本日は本籍地から身分証明書が届く予定。

これで提出書類が全て揃うので宅地建物取引業者免許と古物商許可申請が出来る訳です。

オフィスで待っててもしょうがないので、朝一で警察署に車庫証明書を取りに行き、その足で観音の運輸支局にて昨日買い取った車の移転登録(名義変更)。

いつもはガラガラなのに、今日は意外にも賑わってました。と云っても30分くらいで終わりましたけど。

そう云えば世間はボーナス時期。こいつを当て込んで購入した車の登録で混んでたのでしょうか?


私はと云えば、転職前のサラリーマン時代は年棒制だったので10年以上ご縁がありません。

なのでボーナス払いも無いし、ボーナスが出たから旅行やご馳走を食べに行くという習慣もありません。

でも、世間が浮かれるこの時期、なんとなく羨ましくも寂しい気持ちになりますね。

話を戻して、身分証明書は15時になってやっと届きました。

県庁に電話すると受け付けは16時まで。

その足で保証協会にも行く予定だったのですが、二度手間になるのでまとめて月曜日に行くことにしました。

なかなか思い通りに進みませんね。

2010年7月8日木曜日

Clio V6

本日はルノー クリオ V6の買い取りの日。

最寄り駅まで出向き、依頼者に迎えに来て頂き自宅へ。

買取りの契約書を交わし移転登録のための必要書類を確認し、お車を預かりました。

かつてFFで2,000ccのClioを所有してましたが、このモデルは3,000ccのV6をミッドシップに搭載したモンスターマシン。

ガレージで弄りがいのあるエンスー車です。

少し気になる箇所をリフレッシュして商品化して参ります。

2010年7月7日水曜日

休日なのに

本日は初めての定休日。

いろいろと予定を立ててたのですが、自家用のカングーが信号待ちで止まったとの妻からの緊急コールが入り、AlfaRomeo156で駆けつけました。

156はセレスピードというセミオートマなので、CITYモードボタンを押すとAT免許でも運転できます。

妻はMT免許を持ってる筈ですが、今となっては1cmたりとも動かせないそうで、我が家は必ずAT車が1台必要なのです。

ということで、午前の半分がつぶれてしまい休暇気分も失せてしまったので、午後から仕事しました。

先ず法務局に出向き、履歴事項全部証明書を取得。

会社設立後には諸官公署(税務署、県税事務所、区役所、社会保険事務所)への届け出が必要なのですが、その書類作成代行をお願いしているところに送付するためです。

尚、当該証明書は宅地建物取引業免許申請の際にも必要なので使い回します。

そして法務局の別フロアで登記されていないことの証明書(目的は同上)を取得。

次に、広島県庁に出向き、申請書の書き方について不明なところを確認。
全部クリアになり、後は本籍地の市役所に依頼した身分証明書の到着を待つばかりです。


最後に社団法人宅地建物取引業協会に出向き、協会加入申請のための説明を受けようとしましたが、今日はあいにく西区担当者が休みで対応できないとの事。

担当する区によって必要書類や説明内容が異なるそうで、何のためにそうしているかさっぱり判りませんでしたが、とにかく別区には口出しできないというセクショナリズムのようなものをひしひしと感じました。

しかし、誰も居ないっていうのもどうなんでしょう。。。

2010年7月6日火曜日

個人輸入

買取ることが決まった車はRenault Clio V6というちょっと変わった車です。

昔懐かしい5(サンク)ターボの後継車とも云われる車で、3,000cc V6エンジンをリアシートを取っ払って室内搭載し、3ドアハッチバックの形を残しつつミッドシップ化した変態車です。

こんな車をメーカーがラインモデルとして出すなんて、国産メーカーでは考えにくいですね。

このRenaultのチューニングパーツと言えば英国のK-Tec Racingが有名。

以前、Clio RSに乗ってたときにも随分とお世話になりました。

最近はポンド安が続いているので、ここぞとばかりにパーツを発注しました。

私が良く購入していた2007年は1£=240円前後。

2010年7月現在1£=133円前後。

なんですかねこの振れ幅は。 

2010年7月5日月曜日

申請書

本日、無事商業登記が完了し、印鑑カードを発行してもらいました。

これでいよいよ各種申請が可能となります。

取り急ぎ、広島県に宅建業免許を申請し、保証協会に加入し、銀行口座を開設しなければなりません。

そして、実は最近判ったのですが、古物商免許を個人で持ってる者が代表取締役に就任しても、法人として古物を取り扱うには改めて法人としての許可が必要ということ。
(今回の車の買い取りは個人として取り扱うことにしました)

従って、登記されていないことの証明書や、身分証明書、住民票等々を取得しなければならず、法務局と区役所にて申請。

身分証明書は本籍地の市区町村にて発行してもらわないといけないため、郵便局で小為替を購入して郵送で申請。

法務局では銀行口座開設の添付書類として商業登記簿謄本と印鑑証明書を申請。


明日は買取り車両のための車庫証明の申請。

今日一日で山ほど申請書を書きました。

早く簡単に電子申請が出来る時代が来ないもんですかね。

2010年7月4日日曜日

買取り

本日はルノー車の買取り商談。

昔からの知り合いが車を乗り換えるというので相談に乗ったところ、これこれこういうビジネスを始めたので買取りましょうかという話になり、とんとん拍子に進んで無事買取りと相成りました。

とても稀少で楽しい車なのですが、稀少ゆえにマーケットが極めて小さくて果たしで幾らで売れるのか、全く見えないですね。

かと云って営業車にも出来ない(ミッドシップ 2シーター)ので、暫くは手元に置いておきたいけれど早く売らないと資金が回らないということで心を鬼にして販売に精を出します。

次の日曜には引き渡しを受ける予定なので早速車庫証明等の準備をしなければなりません。

インターネットラジオ

オフィスではPCにアンプを繋いでインターネットラジオを聴いてます。

ラジオのコンテンツは今のところ全て音楽。それも海外のものばかり。

iTunesのストリーム放送な訳ですが、これってどうやって儲けてるんでしょうね。

ユーザーからの寄付金やアフェリエイトなどがその収益源と云われてますが、iTunesだけでもざっと数えてみると4000を下らない番組(ストリーム)が常時放送されてます。

僕が良く聴くJAZZは146ストリーム。

一番多いInternational/worldというジャンルは690も。選ぶのも大変ですね。

音楽を流すからには当然著作権料が発生している訳ですから、24時間膨大な数の放送局が膨大な量の音楽コンテンツを流しているとその数だけお金が動くということになりますよね。

「Free」の論理からすると、誰かが何処かでコスト負担しているはず。

考えれば考えるほど不思議なものですが、ユーザーとしてはタダで聴ける訳ですから良い世の中になったものです。

2010年7月3日土曜日

通勤

本日は蒸し暑く、終日雨が降ったり止んだりの一日でした。

梅雨らしいと云えばその通りなんですが、この時期は本当に外回りが辛いですね。

8月の酷暑、極寒の2月も辛いものですが、僕は蒸し蒸しする梅雨時が一番ダメです。

この時期に満員電車に揺られるともうたまりません。気分が悪くなります。

転職後はSOHO生活となり通勤地獄(と云っても東京や大阪と比べると広島は知れてますけどね)から解放されました。

今は自転車が主な移動手段となってます。


大きな買い物が無い限り、できるだけ自転車を使うようにして健康と環境に配慮することにしました。

自宅から市街地の中心部まで10km。自転車で30分です。

広島って狭いですね。

因みに、今まで八丁堀まで路面電車で通勤してましたが、Door to Doorで50分でした(爆

2010年7月2日金曜日

中途半端な状態

本日は午前中に挨拶状を書き上げ、切手を貼り投函しました。予定より一日遅れ。

午後は同業者への挨拶回りのアポ取り。

飛び込みで訪問しても良いのでしょうが、初回なのでここは礼節を重んじましょう。


夕方、挨拶の際の手土産として、もち吉にちょっとしたお菓子を買いに行きました。


自宅に戻ると法務局の担当者から留守電に伝言が入ってました。

定款の写しを添付してはいるが、原本が無いとのこと。

そりゃ昨日別の担当者から、写しでも原本証明すればOKとご指導頂いたのでそうしたまでですが。。。

夕方5時を回ってたのですが、ダメもとで電話したところ

やっぱり誰も出ませんでした。

さすがお役所。時間にきっちりしてはる。

月曜日に交付予定だったので、原本を持って出向くことにします。

それにしても電子定款の原本とはCD-Rに記録されたものを云うのでしょうか?
念のためCD-Rと紙媒体(謄本)の両方を持って行こう。


今の状態は、会社としての認証が成されていない状態ですが、5日に晴れて認証されれば1日が設立日となります。

しかし、無事設立できたとしても県知事の免許が下りていない(そもそも未だ申請してません)ので、不動産業としての営業が出来ないのです。

暫くはこの中途半端な状態が続くことになります。

スタート

本日、法務局に出向き、株式会社設立登記申請書を提出して参りました。

15万円の印紙(!)を購入し、申請書に貼付して提出した際に定款の原本還付を申し出たところ、謄本の写しを取って代表者本人が原本に相違ないことを確認した印を押す必要があるとの事。

急いでコピーを取ってホッチキスで止め、各ページに代表者印の割印を押捺して再提出。

なんだかんだで小一時間掛かってしまいました。

が、本日は受理されただけで交付は翌週の5日(月)となります。

本日中に商業登記簿謄本が取れると思ってたので、その足で県庁に向かう予定でしたが、キャンセルとなりました。

すんなりと行かないものですね。もっときちんと調べておくべきでした。

今日は天気も良く、久しぶりに自転車で外出して気持ちが良かったので平和公園に自転車を停めてランチを採りました。

家に帰り着くと、電線工事をしていたNTT関連の工事業者の兄ちゃんがなにやらにやにやしてます。

なんと玄関に大きな花束が!

元職場の上司と同僚の粋なサプライズ。感謝感激。ほんとうにありがとうございます。



本日から新たな人生がスタート。

家族のお祝いで焼肉を食べに行きました。

お父ちゃん頑張るで!