2010年6月21日月曜日

インターネットを通じて商売するということ

本日はエアコン取り付け工事の日。

1週間ほど前にインターネットで検索して安い業者に電話で発注しました。

本日9時から10時の間に業者が来られるので直前に電話があるという事でしたが、待てど暮らせど一向に電話は鳴りません。

結局来たのは14時半。

工事担当の方に事情を聞くと、本社からは14時から16時の間での作業と聞いていたそうです。

経緯を聞きたいので本社より連絡が欲しい旨伝え、後ほど折り返し連絡を頂けるとの回答を得ましたが、結局なしのつぶて。

この会社のホームページには、年間実績20万件 全国対応と記載されてますが、こういう対応をされるとリピートオーダーはもう止めようと思いました。

このように、できる限り安くコストを抑えようとして見知らぬ業者に発注するという行為は、うまくいけばラッキーで、ある程度のリスクは許容しなければなりません。今は。

しかしながら、マーケットが一巡するまではそれで良いかも知れませんが、リピートや口コミ、紹介が無ければその内立ち行かなくなるでしょう。

反面教師として誠意ある対応を心掛けたいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿